今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

      
         
10記念
  
尾崎翠フォーラム in 鳥取2010
         =ご案内=

 

〔日 時〕 7月3日(土)〜4日(日)
〔場 所〕 県民文化会館(とりぎん文化会館)第1会議室ほか
〔参加費〕 前売り券
      @2日間・通し券 3,000円
      A1日券      2,000円(当日券 2,500円) 

 

   ◆ 池内紀さんの講演
       『尾崎翠の新しさ』 ◆

 池内紀さんの講演『尾崎翠の新しさ』は、7月3日
(土)13:45〜15:15です。

 


 
出郷者・尾崎翠と池内紀のこと

                        井上嘉明

 一般に、郷土出身の文学者が自分の故郷をいかに描い
たか、関心をもつのは自然の情だろう。尾崎翠の場合は、
日本女子大学在学中に書いた 「 無風帯から 」をはじめ、
「松林」、「花束」などの作品に、類推を含め一部に故郷は
登場する。しかし「第七官界彷徨」、「こほろぎ嬢」、「地下
室アントンの一夜」、「詩人の靴」など後期(といっても十年
足らずだが)の主要作品に故郷の影はうすい。ほとんどの
場合、主人公が暮らしているのは都会の借部屋(下宿)で
あり、ここ
にも地方から集まって来た者たちの住宅事情と、文学のひ
とつのフィールドをみることができる。
 翠は、作家的資質からいっても、故郷を主要な題材とす
る手法をとらなかったといえるし、 所詮鳥取と東京を幾度
も往還する出郷者であった。
 池内紀氏は、2004(平成16)年から7年にかけて、“出ふ
るさと ”の作家12名について『 新潮 』に連載し、8年 『出
ふるさと記』にまとめられている。 「 漂流物 金子光晴 」、
「逃走 坂口安吾」、「引揚者 安部公房 」などと共に「 雲
隠れ 尾崎放哉」、「彷徨 尾崎翠」の名前がある。通常い
えることだが、自我に目覚め、文学表現を試みる者に“出
郷”が欠かせなかった地方人の姿を見る。
 また池内氏には『 尾崎放哉句集 』編(岩波文庫)があり、
2008年1月には來鳥して、「放哉と現代」なる講演をしてい
ることにも有縁を感じる。 しかも氏は、 とりわけ因幡の人
間は地縁性を感じる姫路市の出身なのであった。故郷播
州巡りをもとにした『播磨ものがたり』(1997)の「あとがき」
で、自分のことを、「東京の居候、そんなたぐいの住人であ
る。半ば自覚し、半ば無意識にすごしているが、あらためて
自分の実態をひとことでいえば、居候以外の何でもない。」
と書いている。“出ふるさと”の影がちらつく。
 鳥取中学校を卒業、一高入学のため、尾崎放哉が上京
する1902(明治35)年には山陰線も中国山脈を越える因美
線も通っていなかったので、 途中一泊しながら人力車など
で上郡まで行き汽車に乗った。翠が最初の上京をする1917
(大正6)年には山陰線が開通していたので、ほぼ一日がか
りになるものの、京都で乗り換え東京をめざした。翠が7回
ほども上京と帰鳥を繰り返すことができたのは、わが国近
代化の余慶にあずかったからでもあった。
 出郷といえば、放哉や翠のように上京を連想しがちだが、
さまざまなかたちがある。たとえば金子光晴、 坂口安吾な
どは初めから東京を相手にせず各地を移住しているし、安
部公房は東京生まれながらも、満州に渡り、敗戦後に引揚
げている。
 『出ふるさと記』で印象に残ったことのひとつに、翠が初
めて上京した1917年は、森下仁丹が「 イメージとしての商
品」 として仁丹の大宣伝に乗り出した年、というのがある。
これが短編「山村氏の鼻」(匂いが大切な要素となっている)
においてキーワードになっていると指摘している。仁丹のネ
オンサインは、「膨大な故郷喪失者たち」にとって、故郷の
一本杉や石地蔵にあたるものであり、「尾崎翠は時代の感
性をあざやかに作品にした。この無縁者たちは、たがいに
見ず知らずの他人という関係にあって、たがいに孤独を認
め合っても、ことさら親しまず、とりたててなじま」ない関係を
築いているのだった。
 
 周知の通り、池内紀氏は高名なドイツ文学者である。とく
にゲーテ、カフカの翻訳、評論は多く、 とりわけ私にとって
はカフカ研究者としての存在が大きい。これまでカフカとい
えば、抽象的な解釈が先行し、固苦しく難解な作家にしてい
た一面がある。しかし氏はプラハという都市に暮らしていた
カフカを、普通にどこにでもいるような親しみやすい作家に
した。『ちいさなカフカ』、『となりのカフカ』といった題名をみ
れば、その意図を理解できるだろう。
 『カフカのかなたに』、『カフカの書き方』、『カフカの生涯』
などの著書によって与えられた恩恵は大きい。
 さらに、ドイツ語圏の文学、文化に触れた評論、 エッセイ
や音楽、美術、地理、自然などについての多彩な執筆活動
は氏の関心の領域を示しているのである。       
                    
  (鳥取県現代詩人協会 会長)

 

(お問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
    (TEL・FAX) 0857−27−7369
    (Eメール)  manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月20にできます。メールで参加申込みをされ
る方は、4月20日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記
のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返しチケット・
郵便払込み用紙・資料をお届けします。