今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

映画

Osaki Midori Forum in Tottori

 

 ◆浜野佐知監督が新作映画製作へ

         尾崎翠第2作

  
  『こほろぎ嬢』

             
   土井淑平
 
  浜野佐知監督が1998年製作の『第七官界彷徨―尾崎翠
を探して』に続く尾崎翠第2作、新作映画『こほろぎ嬢』を制作す
る、と3月27日鳥取県政記者クラブで発表しました。浜野監督
の情熱と技量をかけた映画として完成が楽しみです。
 新作は尾崎翠が代表作「第七官界彷徨」のあと書き継いだ
「こほろぎ嬢」「歩行」「地下室アントンの一夜」を1本の劇映画
に仕上げるもので、脚本は前作と同様に尾崎翠の有数の読み
手である山崎邦紀さんが担当します。
 浜野監督は記者会見で「尾崎翠を21世紀につなげることを
目的に前作をつくったが、今度の作品でもう一度再々評価の
ムーブメントを起こしたい」と述べ、脚本の山崎邦紀さんは「尾
崎翠が筆を置く直前の短編3本を連作ととらえ、小野町子の少
女時代から作家・詩人になるまでのエピソードをつなげてつくる
」と構想を語りました。
 この3作はそれぞれ独立した短編ですが、尾崎翠の作家人
生のピークの時期に書かれ、テーマだけでなく小野町子、町子
の祖母、幸田当八(分裂心理研究者)、松木氏(動物学者)、松
木夫人、土田九作(詩人)など登場人物が複数の作品に共通し
ています。
 浜野監督はこれらの登場人物のうち、吉行和子さんを松木
夫人に当てるなどプロの役者で配役を固めますが、主人公の
小野町子(15〜20歳くらい)と分裂心理研究者の幸田当八
(25〜30歳くらい)は、地元鳥取で一般公募します。
 応募者は写真と自己紹介文を添えて4月15日までに下記
旦々舎内の製作上映委員会まで。4月18日に鳥取でオーデ
ィションを行なうそうです。
 また、撮影・照明・美術・演出・車両・メイク・着付けなど、撮
影現場全般にわたってボランティアを募集しています。応募者
は希望の職種を明記のうえ、4月末日までにやはり製作上映
委員会に連絡して下さい。
 ロケは鳥取砂丘や浦富海岸をはじめ、鳥取県の東部・中部・
西部の全域で行ないますが、主なロケ地は倉吉市と岩美町に
なる見込みで、5月中旬にクランクインして9月に完成し、10月
の鳥取全県の先行ロードショーを皮切りに、全国で上映してい
く計画のようです。
 この映画の製作と上映に当たっては、鳥取県が1000万円の
助成で支援し、鳥取県・岩美町・倉吉市・米子市が後援、尾崎
翠研究会・尾崎翠フォーラム・NPO法人とっとりフィルムコミッシ
ョン・グリーンスコーレせきがね・湯楽里が協力します。
 尾崎翠研究会の代表で翠研究者でもある洋画家の渡辺法
子さんは、ロケなどへの全面的協力だけでなく、映画の対象の
3作を漫画にした『こほろぎ嬢』(頒価1000円)を完成、その売上
金を映画の支援に当てます。

 この浜野監督の映画製作を受けて、私たちも今年7月8日の
『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2006』で、浜野監督のトークの時
間「新作映画『こほろぎ嬢』を語る」(16:40〜17:00)を設け
ることにしました。監督と相談のうえ映画の1コマをビデオで紹
介できたらとも考えています。
 また、監督や山崎さんに17:30〜19:30のフリートークにも
出席してもらい、新作映画をめぐる質疑応答の時間も持てたら
と願っています。
                   
 (2006年3月28日記)


〔キャスト・撮影現場ボランティアの応募先〕
 
〒156−0052 東京都世田谷区経堂3−24−1
              株式会社 旦々舎内
              『こほろぎ嬢』製作上映委員会
   TEL:03−3426−0820 
   FAX:03−3426−1522
   Eメール:
tantan-s@f4.dion.ne.jp
     ホームページ:http://www.h3.dion.ne.jp/~tantan-s/
〔漫画のお問合せ先〕
 〒682−0831 鳥取県倉吉市八幡町3303−3
              渡辺法子
   TEL:0858−23−0387