今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

編集後記

Osaki Midori Forum in Tottori

 

◆生誕の地での初フォーラムを終えて◆

○・・・ 尾崎翠フォーラムは第2ラウンド目に入り、第11回
目の今年は翠生誕の地・岩美町で初開催となりました。岩
美町長の榎本武利さんが陣頭指揮で支援して下さり、同町
提供のバス2台と遊覧船による「尾崎翠と浦富海岸ジオパ
ーク・ツアー」も、快晴に恵まれて好評。地元のいわみコーラ
スとはねそ踊りで幕を開けたフォーラムは、 会場の岩美町
中央公民館が満席で溢れるほどの盛況でした。
○・・・ 兵庫県豊岡市の出身で日本海を望む岩美町大羽根
にアトリエを構える美術作家、KEiKO・萬桂さんの講演「『第
七官界彷徨』の挿絵を描いて」は、 同じ山陰の風土で活動
し、共通する資質を持った画家の心眼を通して、レトロにし
てウルトラ・モダーンな作品の特徴を浮き彫りにする内容だ
ったと思います。
○・・・ 津原泰水さんの講演「琉璃玉から第七官界へ」は、
尾崎翠の「琉璃玉の耳輪」が滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」
を下敷きにしているとの発見を導きの糸に、「第七官界彷徨」
の読みにも及ぶ興味深い内容で、期待にたがわぬ近年の新
たな読みでした。一定の仮説を立て、それを裏付ける証拠を
挙げて論証するのは、科学の方法でもありますが、わたしは
文学の方法的な読みにも当てはまると考えています。
○・・・ 津原泰水さんやKEiKO・萬桂さんの講演を聴いて、浜
野佐知監督が「尾崎翠が新しい世界に飛び立とうとしている」
との感想を抱いたのもうなづけます。川崎賢子さんが尾崎翠
と安部公房を結ぶ線を見つけたのも、久し振りに興奮させら
れる発見でした。フォーラムでは時間の関係でくわしくうかが
えませんでしたが、この問題は今後さらに探究してほしく思い
ます。
○・・・ 今年のフォーラムに一通の電報が舞い込みました。見
ると、それは弔電の封筒に入っており、 発信者は「上落合尾
崎翠研究グループ」となっていました。 大人げない嫌がらせだ
なと思っていたところ、  9月になってこんどは尾崎翠フォーラ
ム実行委員会に、 慰謝料100万円を請求する文書が届きま
した。発信者は「稲垣真美代理人」を名乗る2人の弁護士から
です。 本フォーラム・ホームページに掲載した尾崎翠書簡流
出の報告が「名誉毀損」に当たる、 というのですから「省みて
他を言う」体の言説で、呆れてものが言えません。この文書
への回答もホームページに出していますので、 ご覧下さい 。
世間では借りたものを返さないのを、ネコババというのではな
いでしょうか。
           (2011年10月30日、土井淑平記)

◆7/10 翠の生誕の地・岩美に集う◆

○・・・ 尾崎翠フォーラムは今年いわば第2ラウンドに入り、
第11回目のフォーラムを尾崎翠の生誕の地・岩美町で開
催することになりました。岩美町の浦富海岸を含む山陰海
岸が世界ジオパークに認定されたばかりで、尾崎翠の文学
と風土に肌で触れる得難い機会です。
 尾崎翠は3歳まで岩美町岩井の西法寺で育ち、父親の転
勤に伴って鳥取市に移ったあと、大岩小学校の代用教員と
して17歳から20歳まで網代の僧堂で暮らしました。その岩
美町での初開催はフォーラムにとっても記念すべきイベント
になるでしょう。
○・・・フォーラムは岩美町での開催を記念して、地元のいわ
みコーラスと牧谷のはねそ踊り保存会による民俗芸能の公
演で幕を開けます。 いわみコーラスは好評だった昨年の第
10回大会に続く出演です。牧谷のはねそ踊りは尾崎翠の初
期作品の背景をなす山陰の漁村の伝承文化をしのばせる盆
踊りです。
 これに続いて、 山陰海岸を臨む岩美町大羽尾にアトリエを
構える美術作家のKEiKО・萬桂さんに、講演 「『第七官界彷
徨』 の挿絵を描いて」 をお願いしました。 萬桂さんは日本海
新聞の復刻連載の挿絵を担当され、 原画展ともども大変好
評でしたが、 作品制作のパーフォーマンスのビデオも交えて、
翠の世界を探求する書家の語りが楽しみです。
○・・・休憩をはさんで、尾崎翠の映画脚本「琉璃玉の耳輪」
を現代によみがえらせた探偵小説『琉璃玉の耳輪』によって、
新たな翠ブームに火をつけた幻想作家の津原泰水さんの講
演「琉璃玉から第七官界へ」 を聴きます。 当代の幻想文学
の旗手にして尾崎翠の読み手でもある 津原さんの講演は、
多くの読者や聴衆を惹きつけるに違いありません。尾崎翠
の原作についての新解釈も用意されているとうかがっていま
す。
 このあと、参加者より翠へのメッセージを寄せていただき、
ゲストのサイン会でフォーラムを終えますが、フォーラム開催
日の7月10日より16日まで、会場の岩美町公民館でKEiK
О・萬桂さんの挿絵原画展を同時開催しますので、ぜひお越
し下さい。
                       
(2011年4月14日、土井淑平記)