今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

      
         
10記念
  
尾崎翠フォーラム in 鳥取2010
         =ご案内=

 

〔日 時〕 7月3日(土)〜4日(日)
〔場 所〕 県民文化会館(とりぎん文化会館)第1会議室ほか
〔参加費〕 前売り券
      @2日間・通し券 3,000円
      A1日券      2,000円(当日券 2,500円) 

 

      第10回記念特別企画 =

 ◆ 翠文学&浦富海岸ジアオツアー ◆

    参加者を募集しています!

      無料、ただし予約が必要です

 「尾崎翠フォーラム」恒例で取り組まれてきた「尾崎翠文学散
歩ツアー」も、ことしは第10回記念大会ということで《特別企画》 
を組みました。
 この特別企画は作家・尾崎翠の生誕地である鳥取県岩美町
の榎本武利町長、及び岩美町役場の絶大な支援によって実現
したものです。
 折しも、岩美町役場自立推進課では山陰海岸国立公園・浦富
海岸を核心として「山陰海岸ジオパーク」を策定し(浦富海岸ジ
オエリア)、ユネスコ(国連教育科学文化機構)が支援する「世界
ジオパーク」への認定にむかって取り組んでいる。


     
●「翠文学&浦富海岸ジオツアー 」●

◇主  催   尾崎翠フォーラム実行委員会   
◇日  時   2010年7月4日(日)午前8:00〜11:30 
                        (3時間30分)
◇集合時間  午前7時50分
◇集合場所  鳥取駅南口バス発着場(「読売旅行」前)
◇参 加 者  40名
◇交通手段  大型バス(40人乗り)/島めぐり遊覧船(5艘)     
         (いずれも岩美町役場提供)
◇ガ イ ド    岩谷東亜(尾崎翠フォーラム実行委員)
          武田紀子(岩美町役場)
◇行  程
                8:00 鳥取駅南口(発)〜(国道9号線を岩美町へ)
                〜 8:30 岩井温泉駐車場…8:45 旧岩井小学校校舎
         (5分)…8:45西法寺(生誕地)(10分)…9:00 岩井温泉
         ・尾崎翠資料館(5分)〜 9:30(10分) 遊覧船乗り場〜
         9:40〜10:20(40分)
島めぐり・浦富海岸ジオエリア〜
         10:25 遊覧船乗り場着 〜(旧大岩小跡)〜(駟馳山
         峠)〜(海岸道路)〜10:40鳥取砂丘(10分)〜 11:00 
         面影小学校 (5分)〜(大杙住居跡)〜(鳥取高女跡)
         ・(久松公園)〜 11:15養源寺(墓所)(10分)〜11:30
          鳥取駅南口(着) 

 ※ いずれも無料ですが、参加希望者は下記の尾崎翠フォーラム
 実行委員会まで予約して下さい。
  予約なき場合、バスツアーには参加できませんし、 遊覧船も一
  般観光客扱いで、有料(大人1,200円、子ども600円)となります。

 

     ●ツアー・メモ●

* 尾崎翠

  大正末年から昭和のはじめにかけて、「アップルパイの午
 後」「第七官界彷徨」といった斬新な作品を発表した。30
  代半ばで故郷に帰り、プッツリと音信を絶った。四十年あま
  りして作品集の話がもち上がっても面会を固辞、ひっそりと
  世を去った。(池内紀「なぜかいい町一泊旅行」(光文社新
   書)ー岩美町(鳥取県)、より)

* 山陰海岸ジオパーク、浦富海岸ジオエリア

  ジオパークとは、地球の活動の歴史が分かる貴重な地形
 や地層が残る一帯を「ジオパーク」と呼ぶ。「ジオ」は地球、
 大地という意味。
  ユネスコが支援する世界ジオパークネットワークが現在、
 世界19ヶ国で64ヶ所を「世界ジオパーク」に認定した。日本
 では北海道・洞爺湖周辺など3地域が認定。
   山陰海岸ジオパークは山陰海岸国立公園を中心として、
 東は京丹後市の経ヶ岬から西は鳥取市の白兎海岸まで東西
 約100キロにわたる地域で、京都府(京丹後市)、兵庫県(豊岡
 市、香美町、新温泉町)、鳥取県(鳥取市、岩美町)がそれぞ
 れのジオエリアを設定し、「山陰海岸ジオパーク」として連携し、
 「世界ジオパーク」の認定を目指している。
  岩美町が推進しているのが浦富海岸ジオエリアである。

 

(お問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
    (TEL・FAX) 0857−27−7369
    (Eメール)  manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月20にできます。メールで参加申込みをされ
る方は、4月20日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記
のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返しチケット・
郵便払込み用紙・資料をお届けします。

 「翠文学&浦富海岸ジオツアー 」の参加希望者は、その旨明記して
お申込下さい。