今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

      
         
10記念
  
尾崎翠フォーラム in 鳥取2010
         =ご案内=

 

〔日 時〕 7月3日(土)〜4日(日)
〔場 所〕 県民文化会館(とりぎん文化会館)第1会議室ほか
〔参加費〕 前売り券
      @2日間・通し券 3,000円
      A1日券       2,000円(当日券 2,500円) 

 

     ◆ゲスト紹介◆

【講演ゲスト】

◇ 池内 紀 (いけうち・おさむ)

 兵庫県姫路市出身。ドイツ文学者。翻訳・評論・エッセイ・
小説など、幅広い分野で多彩に活躍。ちくま日本文学全集
(筑摩書房)で『尾崎翠』を取り上げる。『出ふるさと記』(新
潮社)で 「尾崎翠」 を執筆。 カフカやゲーテの新訳を出し、
『カフカ小説全集』(白水社)で日本翻訳文化賞、『ファウス
ト』(集英社)で毎日出版文化賞。『ゲーテさんこんばんは』
(集英社)で桑原武夫学芸賞など。『尾崎放哉句集』(岩波
文庫)の編集も担当。

◇ 澤登 翠 (さわと・みどり)


 東京都出身。活動弁士。マツダ映画社の故・松田春翠に
師事。伝統話芸の活弁を継承・発展させた日本を代表する
弁士。尾崎翠が傾倒した女優アラ・ナジモヴァの『椿姫』『サ
ロメ』など、500本以上の無声映画の活弁を努める。国内
はもとよりフランス、アメリカなど海外公演を通じて、国際的
な評価も高い。日本映画ペンクラブ賞、文化庁芸術祭優秀
賞など受賞。著書に『活動弁士 世界を駆ける』(東京新聞
出版局)ほか。

◇ 山名立洋(やまな・りゅうよう)

 鳥取市出身。尾崎翠の墓所がある養源寺の住職。 翠の2
番目の兄・哲郎の孫。子どものころ大伯母に当たる翠と養源
寺で出会う。翠が亡くなったのは大学時代。卒業後は全労災
に勤務し、2年前まで36年間、営業畑から管理部門まで幅広
く担当。人形劇団「こうま座」の代表をつとめ、鳥取人形劇連
合会会長を兼任。毎年秋、養源寺の本堂で無料の 「寺子屋
コンサート」を開催するなど、如才のない人柄と多彩な文化活
動で知られる。

 

【映画ゲスト】

◇ 浜野佐知(はまの・さち)

 徳島県鳴門市出身。映画監督。『第七官界彷徨−尾崎翠を
探して』が国内外で反響を呼び、尾崎翠再評価のブームの口
火を切る。 オール鳥取ロケで制作した 尾崎翠2作目の映画
『 こほろぎ嬢』を、 今年初めバングラデッシュやインドで上映。
女性の視点で撮ったピンク映画も400本近く。 『第七官界彷
徨』で日本インディペンデント映画祭で受賞。『百合祭』でトリノ
国際女性映画祭で準グランプリ受賞。 著書に『女が映画を作
るとき』(平凡社新書)。 

◇ 宝井誠明(たからい・まさあき)

 東京都出身。 俳優。 カムトゥルー ( フロム・ ファーストプロ
ダクション内)所属。周防正行監督の映画『シコふんじゃった』
で、本木雅弘の弟役でデビュー。高校の夏休みに撮影したこ
の作品が役者を志すきっかけに。尾崎翠を映画化した浜野佐
知監督の作品に連続して2作出演。天性の明るさと屈託のな
さで、『第七官界彷徨』 ではお調子者の三五郎役、『 こほろぎ
嬢』では町子を思いやる詩人の土田九作役を、それぞれ演じ
分ける。

◇ 鳥居しのぶ(とりい・しのぶ)

 静岡県伊東市出身。 ファッションモデルを経て、 女優、C
M、モデル、司会、 レポーター、 ナレーションなどで多方面
に活躍。資生堂のCM&ポスター、NHK教育「時々迷々〜
私は歌手になりたい〜」などに出演。浜野佐知監督の『こほ
ろぎ嬢』 で成長した町子役を演じる。 『こほろぎ嬢』 の松木
氏役で出演した外波山文明を座長とする劇団 「椿組」 に所
属。野外劇などで数多くの主役を演じる。 特技は日舞、フラ
メンコ、ダイビングなど。 


【音楽ゲスト】

◇ いわみコーラス

 尾崎翠と同郷の鳥取県岩美町出身の作曲家・田村虎蔵を顕
彰する「いわみ音楽祭」を発端に、公民館のコーラス教室として
1988年にスタート。30歳代〜70歳代の約30名の女性でメン
バーを構成。 田村虎蔵の曲をコーラス用にアレンジし、 おもに
童謡を得意とする。町内だけでなく県内外のステージにも数多く
出演。 尾崎翠フォーラムは、第1回のオープニングで翠の詩
 「新秋名果」を合唱して以来、3回目の出演。

◇ ゲバラバンド

 アルトサックス奏者のゲバラ こと 武信雄次をリーダーとする
鳥取在住のジャズクインテット。メンバーはピアノ櫻井重久、ギ
ター瀧泰幸、 ベース葉狩良孝、 ドラムス八田史郎。 1970年代
の破壊的で ノイジーなサウンドを念頭に、 エモーショナルなワ
ルツ、リリカルなバラードなど、サンシップの村上俊二、板橋文
夫、コルトレーン、モンクなどの曲を中心に演奏する。今はやり
のおしゃれで六本木的なジャズとは対極を意識。


【シンポジウム・ゲスト】   (準備中)

◇有川智己(ありかわ・ともつぐ)

 東京都出身。東京大学大学院理学系研究科博士課程、広島
大学大学院理学研究科助手、慶應義塾大学生物学教室助手・
助教を経て、 鳥取県立博物館学芸員に。 県立博物館では植
物全般を担当。専門はコケ植物の系統分類学。 日本蘚苔類学
会編集幹事として学会誌 「蘚苔類研究」 の編集を担当。2009
年日本植物分類学会奨励賞受賞。分担執筆に 『コケ類研究の
手引き』(日本蘚苔類学会)の 「分子系統解析法」 の章などがあ
る。理学博士。

◇山崎邦紀(やまざき・くにのり)

 福島県南会津町出身。大学卒業後、印刷業界誌、タウン情報
誌、コミック誌、風俗ライターなどを経て、浜野佐知監督に出会い、
脚本を担当することに。 花田清輝の文章を通じて尾崎翠を知り、
いつしか映画化の希望を抱くが、浜野組自主制作の一本目で実
現するとは予想もしなかった。この『第七官界彷徨−尾崎翠を探
して』の後の『百合祭』『こほろぎ嬢』でも脚本を担当。現在、宮本
百合子「伸子」を原作とする脚本に取り組んでいる。

◇ 北川扶生子(きたがわ・ふきこ)

   大阪府出身。 神戸大学助手、 ロンドン大学客員研究員を経て、
現在鳥取大学准教授。 専門は日本近代文学。 編著・共著書に
『コレクション・モダン都市文化 53巻 結核』(ゆまに書房)、『都市
の異文化交流』(清文堂出版)、『近世と近代の通廊』(双文社出
版)など。論文に「失われゆく避難所−『門』における女・植民地・
文体」(「漱石研究」17)、「明治期の修辞観と社会進化論」(「比較
文学」48)など。文学博士。

◇ 川崎賢子(かわさき・けんこ)

 宮城県出身。文芸評論家。早稲田大学20世紀メディア研究所
客員研究員。尾崎翠論に、最新刊の『尾崎翠 砂丘の彼方へ』(岩
波書店)、雑誌『鳩よ!』(1999年12月)の「小説のたくらみ」、『思
想の科学』(1995年2月)の「元気のないときの自画像を読む 尾
崎翠『第七官界彷徨』」など。著書に、『宝塚というユートピア』(岩
波新書)、『読む女 書く女 ー 女系読書案内』、『少女日和』(青弓
社)、『彼らの昭和 ー 』。第5回尾崎翠フォーラム(2005)のゲスト。

 

(お問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
    (TEL・FAX) 0857−27−7369
    (Eメール)  manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月20にできます。メールで参加申込みをされ
る方は、4月20日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記
のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返しチケット・
郵便払込み用紙・資料をお届けします。