今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

      
          第8回
  尾崎翠フォーラム in 鳥取2008
         =ご案内=

〔日 時〕 
   7月12日(土)14:00〜17:30 翠文学散歩ツアー
  7月13日(日)13:30〜17:00 講演と蓄音機コンサート
〔場 所〕
   鳥取県立県民文化会館(とりぎん文化会館)第1会議室

   ◆小谷真理さんの講演◆

『風変わりな恋愛小説「第七官界彷徨」を読むために』

 

       「幻想小説」としての尾崎翠作品 
          −−小谷真理氏の講演に寄せて

                         佐々木 孝文

 小谷真理氏といえば、SFや幻想小説、アニメーション作品を主な
フィールドとして、フェミニズムの観点からの批評活動を続けてこら
れた人物である(私のような古手のSFファンからすると、コスプレイ
ヤーの元祖として伝説的な人でもある)。
 一貫して性差をテーマとした仕事を手がけられており、ダナ・ハラ
ウェイらの『サイボーグ・フェミニズム』などの翻訳もある。以前、尾
崎翠フォーラムで講演いただいた、リヴィア・モネ氏と共通する視
角から、よりコンテンポラリーな素材に切り込む評論家であるともい
えるし、故・塚本靖代氏に通じる面もある。
 氏は、尾崎翠作品について、明確に「幻想小説」と位置づけた上
で、フェミニズムの視点から考察している。尾崎に関する論考を「翠
幻想—尾崎翠のメタ恋愛小説」(「日本文学」47号、1998)と題して
いることからして、そのスタンスは明確であるといえる。
 いうまでもなく、このタイトルは、新井素子の小説『緑幻想』を下敷
きにしたものである。
 新井素子といえば、現在隆盛を極める(ように見える)ライトノベル
の文体の祖型となった作家であり、デビュー当時、あまりに特徴的
な文体(一人称、極端な言文一致)で賛否両論を巻き起こした。ただ、
『緑幻想』は、それとも違った、一風変わった文体で書かれた作品で
ある。
 その『緑幻想』発表からでも20年近くが経過しているが、このタイ
トル自体、論考本編と同じくらい、尾崎翠という作家の本質の一面
を浮き彫りにするタイトルであると思う。極端に女性的な(と、読み
手が考えているであろう)文体を駆使して、男性的な(と、言われる
であろう)テーマを記述していく、当時の新井素子の方法論は、ちょ
うど尾崎翠の方法論とネガ・ポジの関係にあるように思われるから
である。
 もちろん、小谷氏の「翠幻想」は、たとえば「フィオナ・マクラウド」
のような尾崎作品のモチーフに着目し、そのメタ恋愛小説という形
態を把握し、それを通じて描かれたものに迫る論考であり、新井素
子との比較論のような安易なものではない。
 ここでは(東雅夫の言を足がかりに)、尾崎翠におけるフィオナ・
マクラウドは、稲垣足穂におけるロード・ダンセイニと対置され、松
村みね子という紹介者までもが導き出されている。フィオナ・マクラ
ウドという男性の中にしか存在しない女性の存在に引き寄せられる
尾崎、ジェンダーや社会のような人工的なもの、そしてそれを認識
することで「現実という幻想」の一部になってしまう「感覚」たち。五
官だけでなく第六官までもが囚われる「幻想という現実」を突破する
・・・いや、もう少し的確に言うなら「すり抜ける」・・・ために必要な「第
七官」。小谷氏の論考は、尾崎作品のメカニズムを明快に解き明か
している。
 この論考を見れば、尾崎作品が何故幻想小説としても位置づけら
れるかは理解していただけると思う。人工的に作り上げられた社会
的な幻想(主には「ジェンダー」であるが、私は「社会的構造感」でも
いいと思う)を明示するためには、それに影響を受けていない感覚
・・・第七官が必要になる。我々が現実と思っている事柄の幻想性を
浮き彫りにし、その構造をひそやかに指し示すという点において、尾
崎翠作品はまさしく「幻想小説」なのである。
 「幻想小説としての尾崎翠」という視点を通じて、小谷氏が提示さ
れる尾崎作品の本質の新たな一面。個人的にも、実行委員として
も、大変楽しみに思う。

(インディペンデント・キュレーター、 尾崎翠フォーラム実行委員会
幹事)

 

(お問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
  
  (TEL・FAX) 0857−27−7369
    (Eメール)  manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月20日にできます。メールで参加申込みをされ
る方は、4月20日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記
のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返しチケット・
郵便払込み用紙・資料をお届けします。