今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

関連

Osaki Midori Forum in Tottori

     =KEiKO萬桂 挿絵原画展=

「KEiKO*萬桂が描く尾崎翠の小説世界」
  日本海新聞復刻の「第七官界彷徨」挿絵原画展

     ◇期間=2011年2月1日(火)〜13日(日)  
             火〜金      9:00〜18:30
             土・日・月・祝日 9:00〜17:00
             休館日      2月10日(木)

        ◇場所=鳥取県立図書館 2階 特別資料展示室

             
   ◇主催=鳥取県立図書館
        ◇後援=新日本海新聞社
        ◇協力=尾崎翠フォーラム実行委員会

 

   KEiKO萬桂さんの挿絵原画展に寄せて 

           尾崎翠フォーラム実行委員会
                       代表 土井淑平  

    
 日本海新聞は 昨年10月15日から今年1月9日 にかけて、
尾崎翠の代表作 「第七官界彷徨」を新聞連載小説のかたちで、
しかも山陰の美術作家 KEiKO*萬桂さんの挿絵を付けて復刻
連載し、その関連記事で尾崎翠の積極的な再評価を試みました。
これはひとつの大きな文学史的事件だったと思います。
 その復刻連載の挿絵を描かれたKEiKO*萬桂さんのオール・
カラーの原画展 「KEiKO*萬桂が描く尾崎翠の小説世界」 が、
2月1日から13日にかけて県立図書館2階の特別資料展示室
で開かれます。
 KEiKO*萬桂さんはこれまで、 墨を基調にした抽象の絵で内
から湧き出る 激しい情念を動的に表現してこられました 。 しか
し、今回の挿絵では初めて版画の技法を取り入れ、佐治の柔ら
かい手すき和紙に独自の静謐な筆致で、 レトロにして超モダー
ンな尾崎翠の世界を見事に定着されました。
 新聞連載は モノクロが主体で カラーの日は限られていました
が、 原画はすべてカラーで描かれていて見違えるような 印象と
魅力をたたえています。どうか展示の期間中に県立図書館に足
を運び、 「尾崎翠&KEiKO*萬桂のコラボレーションの世界」 と
もいえる、この原画展を楽しんでいただけたら幸いです。
 なお、原画展では 84回 にわたる 「第七官界彷徨」 の挿絵の
ほか、KEiKO*萬桂さんの本来の領域の仕事として、大型の金
屏風 「精霊たちの夜の宴」(新作)、「彼の岸へ (かのきしへ)」 、
額 「余の白 (よのはく)」、軸 「夜明けの白牡丹 (植村萬頃句)」
など6点の作品も同時に展示されますので、ご期待下さい。
                        (2011年1月24日)
     

        KEiKO*萬桂さんのプロフィル

         兵庫県豊岡市生まれ。多摩美術大卒後、デザイナーと
      して小泉今日子などのドレスをデザイン。 渡仏経験を経
     て豊岡に帰郷。3年前から岩美町にアトリエを。 山陰の自
     然から霊感を受け、墨を基調に抽象の絵を描く。曽祖父は
     倦鳥派の俳人・植村萬頃。
        
(ホームページ:http://www.keiko-bankei.com参照)

 

 

 

         展示作品

◇日本海新聞連載の84回の挿絵の原画新聞記事の切り抜き
◇(尾崎翠には直接関係ない独自作品として)
 ・
金屏風2点:「精霊たちの夜の宴」(新作)、
          「彼の岸へ(かのきしへ)」 
 ・
額1点:「余の白(よのはく)」 
 ・
軸3点:「咲き初めし(さきそめし)」「渡水看花」「夜明けの白牡丹」

  ※ ご希望の作品の注文も原画展の会場で受付けます。
        受付けた作品は萬桂さんより後日発送します。


   KEiKO・萬桂さんの来館日程

  ・2月1日(火) 11時〜15時 
  ・2月5日(土) 13時〜15時 
  ・2月11日(金)13時〜15時 
  ・2月13日(日)13時〜16時

 

 【お問い合せ先】

  ◇鳥取県立図書館  0857−26−8155
  ◇尾崎翠フォーラム実行委員会  0857−27−7369(土井)