今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

資料

Osaki Midori Forum in Tottori

 

◆ 稲垣眞美代理人への回答書 ◆

  尾崎翠書簡の不正流出と不正販売を報告した本ホームページ
の私の署名記事や記者発表に対して、稲垣眞美氏の代理人より
名誉毀損だとして、 慰謝料100万円を含む別掲資料の請求が届
けられましたので、以下の回答書で答えました。

 

               2011年9月27日                       
  〒100−8355
  東京都千代田区丸の内3丁目3番1号
            新東京ビル6階
       中村合同特許法律事務所
       稲 垣  真 美 代理人 
       弁護士  富 岡  英 次
        同   小 林  正 和  殿

 
           〒680−0851 鳥取県鳥取市大代26
              土 井  淑 平 気付
                 尾崎翠フォーラム実行委員会
                 代表 土 井  淑 平 



         
回答書


一 法律家は憶測や伝聞でなく事実に基づく判断と行動を

   稲垣眞美氏の代理人である貴職等の書状に答えるに 先立
って、まず法律家は依頼者の憶測や伝聞でなく、 事実に基づ
いて判断し行動しなければならない、ということを申し上げたい。
 仮に依頼人からいかなる依頼を受けたとしても、 法律家な
その依頼の内容を事実に基づいて検証し、法律に照らして法律
に違反するかどうかを厳密に吟味したうえで、 法律家として判
断し行動すべきです。
 然るに、貴職等は尾崎翠フォーラムに関する限り、  私がフォ
ーラムの公式ホームページで公けに明らかにしている事実を法
律家として真面目に検証せず、  私が書いたり言ったりしてもい
ないことを、   あたかも書いたり言ったりしている かのように申
し立てているのは、   遺憾というよりも法律家としての 適格性を
問われる話だと考えます。
 貴職等は私の行為が名誉棄損行為に当たるとして、 @ホーム
ページの記載の削除A稲垣氏への謝罪B毎日新聞への謝罪文
の掲載C100万円の慰謝料を請求されていますが、すべて事実
に照らして筋違いであり、  法的な見地からもまったく無効な主張
です。
 事実に反した貴職等の理不尽な申し立ては法的にも通用しな
いので、 これを全面的に否定するとともに、  私はいつでも受け
て立つ用意があることをまずお伝えしておきます。

 以下で、私がフォーラムの公式ホームページで書いている事
実と論点を整理して明示します。これが私の事実と論点である
ことに疑問があるなら、  予断や憶測ではなく事実と証拠をもっ
て指摘し反論されたい。

二 尾崎翠の書簡流出と不正売買について公表した場所

 私(たち)が尾崎翠の書簡流出と不正売買について公けにした
のは、尾崎翠フォーラムの公式ホームページ、並びに、記者発表
(資料提供)と今年のフォーラムでの特別報告 ― の3つの場所
においてです。

1、尾崎翠フォーラムの公式ホームページ:
・2011年5月31日付け「オークションにかけられた尾崎翠
              の流出書簡」
   (その1)「尾崎翠の書簡流出について」(土井淑平)
   (その2)「尾崎翠の流出書簡を追って ― ヤフーオー
         クション始末記」(中村恵一)
・2011年7月6日付け「=記者発表資料=尾崎翠の書簡の不
正流出と盗品売買について」(土井淑平)
付記「「尾崎翠フォーラム in 鳥取2011」で特別報告」
                   (土井淑平)
2、記者発表(資料提供):
・2011年7月6日の記者発表(資料提供)
 記者発表は上記1、の記者発表資料の提供のみで、いわゆる記
者会見をしたわけではありません。
しかし、資料提供後、マスコミ各社が関心をもって私に取材を申
し込んできたので、マスコミ5社の取材にそれぞれ答えました。
私が答えた内容はすべて上記1、の記者発表資料の範囲内の事柄
です。
3、「尾崎翠フォーラム in 鳥取2011」での特別報告:
 その内容は上記1、の記者発表資料を10分程度に要約したもの
で、フォーラム公式ホームページに付記を寄せています。

三 尾崎翠の書簡の貸借・不正流出・不正売買の事実と論点

 貴職等が私宛て書状の1 でややくわしく引用している フォーラムの
ホームページの文章を虚心に読めば誰にも明らかなように、私が公
けにした事実は次の5点に要約できます。

1、小林喬樹氏から全集編集のため稲垣氏に提供した尾崎翠の書簡
8通が、 小林氏のたび重なる返却要求にもかかわらず、 いまだ返却
されていないという事実。
2、それら書簡8通のうち、3通がオークションと古書店で売買されたが、
それは本来稲垣氏が小林氏に返却すべきものであり、一般に流通した
り売買できないものであるから、市民社会の常識では不正流通による
盗品売買とみなされるという事実。
3、 オークションと古書店で売買された書簡3通が、 稲垣氏の手で
持ち込まれたのではないとしても、またそれらの流出が誰の手を経
たにしても、書簡の管理不行き届きと流出の責任は究極的に稲垣氏
にあるという事実。
4、小林氏から預かった書簡が稲垣氏の手元になく、稲垣氏が書簡
8通を返却できない事情があるなら、 資料を預かった 編集者として
の責任において、その原因や経緯を自らの手で調べ、小林氏に説明
する責任があるという事実。
5、尾崎翠の書簡8通の返却の法的責任は、他の誰でもなくそれを
借り受けた稲垣氏にあるという事実。

四 尾崎翠の書簡の貸借・不正流出・不正売買の補足説明

 上記の事実と論点に若干補足しますと、
1、について。 稲垣氏が真剣に向き合わねばならないのは、 書簡を
返却する責任がある小林氏に対してであって、 私や浜野佐知監督や
山崎邦紀氏ではないはずです。なぜか稲垣氏は的外れの鉄砲撃ちの
ように見えます。
2、について。オークションや古書店業界では、 競売などで正規に
落札した古書類は盗品とはみなさない、というのが慣行なのかも知
れませんが、 今回のケースは本来の持ち主がはっきりしていて、し
かもその返却を貸した相手に求めているのだから、古書店業界の慣
行でなく市民社会の常識では、不正流出と盗品売買に相当すると言
っているのです。
3、について。私はオークションや古書店で売買された尾崎翠の書
簡が、稲垣氏の手で直接持ち込まれたとは一度も言っていませんが、
少なくともそのルートなり仲介者なりが解明されなければ、 稲垣氏
も含めて誰であろうと疑われても仕方がありません。
 私が言っているのは、それらの流出と持ち込みが誰の手でなされ
ようとも、稲垣氏の管理不行き届きと流出の責任が法的にも問われ
ざるを得ないということです。
4、について。全集編集のため小林氏から書簡を預かった稲垣氏は、
それが自分の手元にないなら、自らの責任でこれら書簡の行方を真
剣に調査し、その調査結果について小林氏に説明する説明責任と善
後策を講ずる責任があるのではないか、と言っているのです。
5、尾崎翠の書簡8通の貸借関係は、それを貸し出した小林氏と借
り受けた稲垣氏の直接的関係であって、かりにそれら書簡がどのよ
うな経路でどこへ行こうと、  その返却の法的責任が稲垣氏にあるこ
とに何ら変わりありません。

五 尾崎翠の書簡流出の事実と責任をねじ曲げてはならない

  然るに、貴職等は法律の専門家でありながら、率直に読めば誰に
でも分かるはずの、上記趣旨の私のホームページの文章をねじ曲げ、
「あたかも当方依頼人が当該書簡を預かりながら、 不正に流出させ
たかのように誤信させる内容となっている」というのだから、正直驚き
ました。
 2011年7月7日付けの毎日新聞( 全国版) の記事についても、
私が取材記者に「尾崎翠の書簡3点が流出した」事実を明らかにに
したのはその通りですが、「当方依頼人が、尾崎翠の書簡8通を不
正に流出した旨述べたものと明らかに推測させる」 という貴職等の
主張は当たりません。貴職等の依頼人が8通の書簡を返却していな
い事実に注意を促したのです。貴職等は法律の専門家であるのだか
ら、あくまで事実に即すべきで、推測でものを言ってはなりません。
 その少し後段の「当方依頼人が、尾崎翠の書簡を相続人に返却せ
ず、当方依頼人が同書簡を不正に流通させた旨を述べている」のう
ち、後半の口上も同様で事実に反します。 但し、上記三の3で述べ
たように、 管理不行き届きと流出の責任が稲垣氏にあることは繰り
返すまでもありません。この口上の前半の「当方依頼人が、尾崎翠
の書簡を相続人に返却せず」は、まぎれもない事実ではありません
か。私はこの事実をこそ繰り返し指摘してきたのです。
 貴職等も法律家であるなら法的に的外れの無駄玉を撃たず、この
問題の解決にこそ尽力すべきです。貴職等が「当方依頼人は、他の
ルートから書簡が流出したことを明確に裏付ける客観的な証拠も入
手しております」と言うなら、 それをこそ法律家として検証し、 依頼人
が自己責任で善処するのを法律家として助け、 まず小林氏に誠意を
もって説明するよう促して、善後策を講ずべきではありませんか。
 私は尾崎翠フォーラムの代表として、小林氏にはフォーラム報告
集にご寄稿いただいた経緯もあり、 さきのオークションのさいには
小林氏に連絡を取って、尾崎翠の書簡流出について事実関係を問い
合せました。その結果、フォーラムの公式ホームページに、未返却
の書簡の一覧表を掲載させていただきましたが、 少なくともその時
点ではそれら未返却の書簡について、 稲垣氏からはかばかしい返
事がないということでした。

六 事実に反する主張と請求には応じられない

  貴職等は 「貴殿は、 …  少なくとも十分な裏づけをとることもなく
漫然と、ホームページ上に虚偽の事実を記載し、また、新聞社に対
して虚偽の事実を述べたと言わざるを得ません」 「同ホームページ
の閲覧者ないしゃ新聞の読者は、これが真実であると誤解するおそ
れが十分にあり、貴殿の行為が、当方依頼人の社会的評価を低下
させる名誉棄損行為たることは明らかです」として、@ホームページ
の記載の削除A稲垣氏への謝罪B毎日新聞への謝罪文の掲載C
100万円の慰謝料 ― の4点の請求をしています。
   しかしながら、 私たちは 「十分な裏づけをとることもなく漫然」
と 「ホームページ上に虚偽の事実を記載」したり、 あるいはまた、
「新聞社に対して虚偽の事実を述べた」ことはありません。私たち
なりに十分な調査に基づいて、これだけは動かないという事実のみ
を抽出し、 それを掲載または発表してきたつもりです。 こういう言
いがかりこそ、「名誉棄損」と言いたいところですが、 いずれにせ
よ貴職等の主張と請求はまったく事実に反するので全面的に否定
し、私たちフォーラムの関知するところではないということを回答の
結論といたします。
 ここで、 一言お断りしておきたいのは、私は尾崎翠フォーラムの
代表として、小林氏の書簡流出と不正売買について、上記の場所と
事実と論点で公けに発言しましたが、それ以外には一切公けに口に
していないということです。私はむろんメールを扱いますが、ツイッタ
ーなどは自らやったことも開いたこともありません。
 フォーラムの掲載記事をめぐって、ツイッターなどで意見が飛び
交っている、 ということは耳にしたことがあります。 それが言論の
自由の範囲内でなされることに、むろん何の異存も異論もないとは
いえ、 ツイッターのつぶやきは私の関与したことでも関知したこと
でもありません。これは私だけでなく私以外の尾崎翠ファーラムの
実行委員にとっても同様です。この問題で実行委員の誰一人として
ツイッターを使ったことがないからです。
 尾崎翠フォーラムの代表である私は、尾崎翠の書簡流出と不正売
買について、上記の場所と事実と論点については責任を取りますが、
それ以外の場所での報道や議論や世間の風評については、私たち
がデマを流したというならともかく、 そういう事実はまったくないので、
それぞれの自己責任でなされることと了解し、新聞記事も含めて私た
ちフォーラムが責任を取ることではないということを強調しておきます。

七 尾崎翠の再評価の歩みを振り返って

   最後になりましたが、尾崎翠フォーラムは浜野佐知監督の映画
『第七官界彷徨 ― 尾崎翠を探して』  の再上映をきっかけに、20
01年に発足し今日まで11年の歩みを数えています。尾崎翠フォー
ラムの毎年の活動は、そこでの講演や重要な寄稿論文や新発見資
料を収録している報告集ともども、新たな観点から尾崎翠の研究を
一歩も二歩も進めてきたと自負しています。その評価は読者や文学
研究者や文学史家の評価に委ねるとして、尾崎翠フォーラム報告集
は国立国会図書館や日本近代文学館にも寄贈したのでぜひ手に取っ
て参考にしていただきたいが、そこには尾崎翠の最前線の読解や研
究が凝縮されています。
 そのことに関連して言えば、尾崎翠フォーラムの公式ホームペー
ジの2011年7月6日付け 「  =記者発表資料= 尾崎翠の書簡の
不正流出と盗品売買について」 の付記 「「尾崎翠フォーラム in 鳥
取2011」で特別報告」 で、 私が 「誤解なきよう」 と念を押して書き
ましたように、二つの尾崎翠全集を編集した稲垣氏の功績を何ら否
定するものではありません。
 全集編集者としての稲垣氏が果たした功績については、私が鳥取
県立図書館発行のブックレット  『 尾崎翠 』  ( 2011年3月発行 )
の三「尾崎翠の再評価」において、戦後の再評価の流れの中できち
んと位置づけているつもりです。貴職等も鳥取県立図書館から取り
寄せて一読されるようお勧めいたしますが、 そこでも書きましたよ
うに、稲垣氏はとりわけ戦後の尾崎翠の再評価のうえで貴重な貢献
をされたと考えています。
 しかし、文学研究も日進月歩です。稲垣氏は尾崎翠の再評価のう
えで初期の功労者とはいえ、 尾崎翠を取り巻く環境は大きく変わり
ました。浜野監督による映画化や私たちのフォーラムの活動も新た
な動きの一つです。  こうした動きに目をふさいではなりません。 私
は稲垣氏の功績を評価するがゆえに、書簡問題をずるずる引き延ば
さず、 早急に決着をつけるべきだとの励ましの意味も込めて、 この
問題の解明と小林喬樹氏への説明責任と善後策を促したのです。

 

資料・稲垣眞美代理人からの請求書

                平成23年9月14日
〒680−0851
鳥取県鳥取市大代26
尾崎翠フォーラム実行委員会
代表 土 井  淑 平 殿

        〒100−8355
        東京都千代田区丸の内3丁目3番1号
                 新東京ビル6階
             中村合同特許法律事務所
             稲 垣  真 美 代理人 
             弁護士  富 岡  英 次
              同   小 林  正 和
 
拝 啓  時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 私どもは、稲垣真美氏(以下「当方依頼人」と申しま
す。)から依頼を受け、当方依頼人を代理して、貴殿に
本書状をお送りしています。
1 貴殿は、不特定多数の者が閲覧可能な尾崎翠フォー
ラム実行委員会のホームページにおいて、2011年5月
31日付けで「尾崎翠の書簡流出について」との表題で、
「…小林さんからは尾崎翠全集の編集者の稲垣眞美氏に手
渡したまま、いまだ返却されていない書簡のリストもいた
だいた。…」、「さて、問題はオークションにかけられた
尾崎翠の書簡も鳥取県立図書館が購入した書簡も、もとも
と本来の所有者である小林さんのところに返却されるべき
ものが返却されず、不正に流出して売買されたという事実
である。つまり、法的には盗品の売買に相当し、争えば刑
事事件になるということである。…」、「わたしたちとし
ては、全集編集のため稲垣眞美氏に託した小林喬樹さんの
書簡が首尾よく返還されるかどうか見守るしかないが、そ
れらの書簡が古書店で売買されたりオークションにかけら
れるとしたら、どんな経緯にせよ事実としてそれは不正流
出による盗品売買に相当するので、そのような不正な盗品
の売買は許されないと考える。」(http://www.osaki-mido
ri.gr.jp/4-SHIRO/ryusyutusyokanl.htm)と記載されてい
ます。これらの記載は、これらを併せ読んだ閲覧者に対し、
あたかも当方依頼人が当該書簡を預かりながら、不正に流
出させたかのように誤信させる内容となっております。
 更にその後、貴殿は、同年7月6日付けで「尾崎翠の書
簡の不正流出と盗品売買について」との表題で、「1、文
学研究者たちの指摘で最近明らかになった不正流出による
盗品売買の書簡は、ことし3月2日にヤフーオークション
にかけられた尾崎翠の小林喬樹さん宛て書簡(1966年
9月12日付け)です。この書簡は尾崎翠の甥の小林喬樹
さんが、尾崎翠全集(1979年の創樹社版と1998年
の筑摩書房版)の編集者だった稲垣眞美氏に手渡し、いま
だ返却されていないものの1つです。…」、「2、このヤ
フーオークションにおける不正流出による盗品売買の追及
の過程で、わたしたちは小林喬樹さんから稲垣眞美氏に手
渡された書簡が全部で8通(1964年4月18日付け書
簡から1969年4月28日付け書簡まで)あることを確
認するとともに、その一部が鳥取県立図書館で所蔵されて
いることも知りました。」、「4、小林喬樹さんはかねて
よりこれらの書簡の返却を何度も稲垣眞美氏に求め、ヤフ
ーオークション後もあらためて返却の要請をされています
が、はかばかしい返事が返ってきていないと聞いています。
いうまでもないことですが、これらの書簡は全集の編集が
終了した時点で所有者である小林喬樹さんに返却されるべ
きもので、それがオークションにかけられたり古書店で売
買されるのは、明らかに不正流出による盗品売買に相当し
ます。わたしたちは文化財たる作家の書簡の不正流出によ
る盗品売買は道義的にも法的にも許されないことと考えて
おり、これら書簡が稲垣眞美氏から小林喬樹さんに首尾よ
く返却されるかどうか関心をもって見守っているところで
す。」、「…さきに東京の古書店で売買された松下文子
宛て書簡は、生前に文子自身が全集編集のために編集者に
手渡したものが、やはり返却されず不正に流出した可能性
があることを示唆しています。」(http://www.osaki-
midori.gr.jp/4-SHIRYO/2011syokankisyahappyo.htm)と
記載しています。
 以上の記載は、要するに、より明確に、当方依頼人が、
尾崎翠の書簡を尾崎翠の相続人に返却せず、当方依頼人が
同書簡を不正に流出させた旨を述べているものです。
 そして、2011年7月7日付け毎日新聞の朝刊(全国
版・東京本社発行)には、「…尾崎翠フォーラム実行委員
会(事務局・鳥取市)は6日、尾崎の書簡3点が流出し古
書店で売買されていると発表した。実行委によると、流出
した書簡は、尾崎が1964年から66年にかけて、おい
の小林喬樹さん宛てに送ったもの。小林さんは尾崎の全集
出版のため、文芸評論家の編者に書簡8通を手渡していた。
」とあり、貴殿が代表を務める尾崎翠フォーラムが、新聞
社に対し、尾崎翠全集(創樹社)の編集者たる当方依頼人
が、尾崎翠の書簡8通を不正に流出した旨述べたものと明
らかに推測させる記載となっています。
2 しかしながら、当該事実は、全く真実に反するもの、
す依頼人は、他のルートから書簡が流出したことを明確に
裏付ける客観的な証拠も入手しております。
 貴殿は、当方依頼人の編纂者、作家、文化人あるいは文
芸評論家等としての社会的評価が低下するおそれがあるこ
とを知りながら、少なくとも十分な裏づけをとることなく
漫然と、ホームページ上に虚偽の事実を記載し、また、新
聞社に対して虚偽の事実を述べたと言わざるを得ません。
 そして、同ホームページの閲覧者ないし新聞の読者は、
これが真実であると誤解するおそれが十分にあり、貴殿の
行為が、当方依頼人の社会的評価を低下させる名誉毀損行
為であることは明らかです。
3 貴殿の名誉毀損行為の結果、当方依頼人は、大きな精
神的損害を被っております。
したがいまして、当方依頼人は、貴殿らに対し(1)上
記ホームページの記載を直ちに削除すること、(2)貴殿
が当方依頼人に対し書面によって謝罪すること、(3)名
誉回復の措置として、上記毎日新聞(全国版)における同
等の紙面(社会面等)に、同じポイントで、上記摘示内容
が真実に反していたこと、及び、その点について謝罪文を
掲載すること、並びに、(4)不法行為に基づく精神的損
害を填補するための慰謝料として100万円お支払い頂く
こと、を要求致します。
4 つきましては、本書状の受領後2週間以内に、私ども代
理人宛てに、貴殿の今後のご対応につき、書面にて回答さ
れるよう要求申し上げます。
 なお、当方依頼人と致しましても、徒に紛争を好むもの
ではありませんが、上記期間内に誠意あるご回答を頂けな
い場合には、やむを得ず法的措置を採ることも検討せざる
を得ないことを申し添えます。
 また、今後本件に関する連絡は全て、私ども代理人にさ
れるようお願い致します。
                      敬 具

差出人
〒100−8355 東京都千代田区丸の内3丁目3番1号
新東京ビル6階
         中村合同特許法律事務所      
                 弁護士 富岡 英次

 

(編集者注)

 尾崎翠フォーラムが調べたところ:
  中村合同特許法律事務所は、1914年(大正3年)
日に、 第9代特許局(現在の特許庁)長官を退任した故中
松盛雄弁護士・ 弁理士が、新東京ビルの前身・ 赤レ ンガ
の東京三菱21号館に旧中松特許法律事務所を開設した
時に始まります。 
   その後、詩人としても著名な中村稔氏(弁護士・弁理士)が
代表パートナーを務めたこと を機会に中村合同特許法律事
務所と改称し、現在に至っています。
 
中村稔氏は、現在代表の座を降りて「パートナー」として名
を連ねてi
ます。

関連資料・浜野佐知・山崎邦紀両氏の回答書

 稲垣眞美代理人は尾崎翠フォーラム代表と併行して、旦々舎
・浜野佐知・山崎邦紀宛て、やはり100万円の慰謝料請求を含
む同様の文書を送り、浜野佐知・山崎邦紀両氏が回答書を以
下のホームページに掲載しました。

    
稲垣氏代理人の要求と、それへの回答