今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

書籍紹介

Osaki Midori Forum in Tottor

 

                                     =書評=

         
 『尾崎翠フォーラム in 鳥取201
1報告集

                 尾崎翠フォーラム実行委員会発行
                           

 『日本海新聞』(2012年2月15日)に掲載された布施薫さんの
『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2011報告集』の書評を紹介します。

 


      多様な視野が重層  

                     布施薫


   昨夏、尾崎生誕の地・岩美町で開催された第11回「尾崎翠フ
ォーラム in 鳥取」は、地元の女声コーラスと伝統芸能 「 牧谷
のはねそ踊り」の実演で幕を開けたという。それぞれ尾崎の感
官のルーツをたどる手がかりであり、作品解釈上の貴重な資料
でもある。 学術性と地域ぐるみの運動としての意義とを合わせ
持つこのフォーラムならでは好企画である。
 講演者の 津原泰水氏 ・ KEiKO*萬桂氏に、 尾崎作品の映
画化で知られる浜野佐知監督・山ア邦紀氏、文芸評論家の川崎
賢子氏と魅力的な話者が加わり、多様な視野が重層する意義深
い会であったことが伝わる。
 川崎氏による資料調査報告は当日の発言のほか寄稿という形
で別頁にも収録されており、大変興味深い。 尾崎が日本女子大
学を退学したいきさつや尾崎の親友 ・ 松下文子に関するこれま
で一般に流通してきた認識は、 今後修正を迫られるだろう。 ま
た、花田清輝の文章以外にも、安部公房の母 ・ よりみと松下の
交友という形で尾崎と安部を結ぶ線が存在する という指摘には、
多大な示唆を受けた。
 吉田政博氏・西尾雄二氏の紹介による新出資料は、作家以前
の尾崎のおもかげを生き生きと伝える。井上嘉明氏による尾崎
と高橋丈雄に関する考察も興味深く、 尾崎をモデルとした高橋
の小説「月光詩篇」への見解もぜひ伺ってみたく感じた。
 ほか、 報告集には昨年起こった 尾崎自筆書簡のオークション
への不正流出問題への言及がある。本来の所有者であるべき小
林喬樹氏が 希望されるとおり、 図書館のような開かれた場所に
自筆資料が置かれてあることは、 読者層の拡大や研究の発展に
寄与し、第二第三の小野町子 ・ こほろぎ嬢 ・ 尾崎翠を生み出す
種を社会という土壌にまくことだと、流出に関わった方に再考いた
だきたい。
      
 (東洋学園大学・二松学舎大学非常勤講師・布施薫)

 ◇報告集はA4版、66ページ、1200円。

(問合わせ・申込み先)
    〒680−0851 鳥取市大杙26 
                                         土井淑平気付
                   尾崎翠フォーラム実行委員会
(TEL/FAX)0857−27−7369
(E−mail) manager@osaki-midori.gr.jp

※E−mailでも受付けます。申込みを受けたら郵便
払込用紙を添えて送ります。