今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

 

書籍紹介

Osaki Midori Forum in Tottori

 

           =新刊案内=
          2010年3月25日刊

  川崎賢子著『尾崎翠 砂丘の彼方へ』
   
        (岩波書店、本体4,500円)
  

            

       

   

             目次
     はじめに
     第一章  歩くことと書くこと ー 初期散文から「歩行」まで
     第二章  兄の知と妹の変装 ー ナンセンス・ユーモアの方へ
     第三章  めくるめく「七」の世界 ー 「第七官界彷徨」
      第四章   転生する「小野町子」
        第五章  読む女、書く女、書かれた女
         おわりに  柔かい海

 

 『日本海新聞』(2010 年6月30日)に掲載された北川扶生子さ
んの書評を紹介します。

                =書評=

     時代を先取りした感性

            北川扶生子(鳥取大学地域学部准教授)

 待望の書である。
 鳥取に生まれ、戦前のわずか十数年間に、数々のユニーク
な作品を残した作家、尾崎翠(1896-1971)。近年、再評価がめ
ざましく進むとともに、若い読者もますます増えている。今なぜ、
尾崎翠が読まれるのか。
 尾崎が活躍した昭和初期の都市文化は、モダニズムと呼ば
れ、映画やデパート、 ウィンドー・ショッピング、 アパートなど、 
現代につながる様々なライフスタイルが、日本に定着した時期
だった。
 川崎氏は本書で、尾崎に影響を与えた当時の文化の諸相を
博捜し、尾崎がそれらをどう受容し、作り替えたかを検証する。
 農学、仏教、進化論、心理学などの学問知から、表現主義な
どの芸術思潮、 ヴァージニア・ウルフをはじめとする外国文学、
源氏物語などの日本古典、映画や雑誌などのメディアまで。時
代のなかに作家を置いて眺めようとする壮大な試みは、同時に、
尾崎を窓口とした重厚なモダニズム文化論にもなっている。
 たとえば映画。尾崎はすぐれた映画評を残したが、暗闇にじ
っと身を置いて、 たえず移りゆくスクリーンに心奪われる姿は、
個室でインターネットを通して、 膨大な情報の流れにアクセス
する現代人の祖先といえる。現実の人間より、画面のなかの
人物のほうが好き、と言い切るあたりは、元祖・「二次元萌え」
女子か。
 「読み書きする女」をめぐる考察も興味深い。 男性作家によ
って形成された伝統=権威を前に、自己表現しようとする女性
が陥らざるを得ない混乱と、 模倣やずらしやパロディなどの手
法で、正典を内側から読み破った尾崎の独創が明らかにされる。
 そしてその先に見えるのは、 男と女が対になることで、 人間
的な完成や幸福がもたらされるする、 恋愛幻想や異性愛体制
の解体である。
 結婚しないと決めたわけじゃないけれど、 今の生活を壊して
まではしたくない。 対関係をめぐる幻想から解放された単身者
が、メディアのなかにリアルを感じる。 これはほとんど現代人の
似姿ではないか。
 著者は、『彼等の昭和―長谷川海太郎・りん二郎・濬(しゅん)
・四郎』(白水社)でサントリー学芸賞を受賞し、宝塚歌劇論など、
「少女」領域を切り開いてきた、現代を代表する批評家のひとり。
 「幻の作家」からスタンダードへ。 没後四〇年を前に、理想的
な読み手を得て、 「私たちの大いなる先達」としての尾崎翠が、
姿を現した。