今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

書籍紹介

Osaki Midori Forum in Tottor

 

                                     =書評=

         第10回記念

 『尾崎翠フォーラム in 鳥取2010 報告集

                 尾崎翠フォーラム実行委員会発行
                           

 『日本海新聞』(2011年1月26日)に掲載された日出山陽子さんの
第10回記念『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2010報告集』の書評を紹
介します。

 

  空白を埋める貴重な資料紹介

                       日出山陽子

 昨年7月に開催された「尾崎翠フォーラム in 鳥取 2010」
は、第10回記念にふさわしいすばらしいプログラムだった
が、先日届いた報告集には胸が躍った。
 報告集に収録されたドイツ文学者の池内紀 ・活動弁士の
澤登翠・養源寺住職の山名立洋各氏の講演、蘚苔をめぐる
シンポジウム等の臨場感あふれる記録は、 10年という節目
のフォーラム に参加できた幸せ、 感動を再び蘇らせてくれ
た。そして 「尾崎翠新発見資料」 「尾崎翠文学参考文献目
録」は、翠について調べてきた私にとってまさにプレゼントだ
った。
 尾崎翠の新出資料は、鳥取県立図書館の学芸員・渡邉仁
美氏が特別資料展「尾崎翠―迷宮への旅―」(2010年6月26
日〜7月25日)の準備過程で発見されたもの。全集未掲載作
品で特に注目されるのは、大正7年の 『小学生』 に掲載され
た初期短編小説3篇。
 翠が児童雑誌に書いていたことは知られておらず、 新たな
作品発見の可能性も含め、今後の研究が待たれる。同時代評
では、代用教員時代や鳥取帰郷後の様子がわかる記事、「無
風帯から」についての作家評など、 尾崎翠の空白部分を埋め
る貴重な資料が紹介されている。
 また 「 松下文子旧蔵資料概要 」 は、『 定本尾崎翠全集 』
(筑摩書房)において不明な点が多かった 「 琉璃玉の耳輪」
などの原稿についての調査報告で、『 阪妻画報 』 昭和2年6
月号の調査とあわせ、原稿の署名、丘路子宛阪東妻三郎プ
ロダクション 書簡 ( 全文翻刻 ) 等が明らかになったことは、
研究の基礎データができたという意味でも 非常に意義深い。
 最後に、お茶の水女子大学の武内佳代、金ハヨン両氏によ
る最新かつ詳細な「 尾崎翠文学参考文献目録」が掲載されて
いるのも大きな魅力だ 。 ここ十年余りで 急激に深化してきた
尾崎翠研究において、尾崎翠フォーラムや報告集がいかに牽
引役を果たしてきたか、 この目録を通して十分に知ることが
できる。 尾崎翠フォーラム実行委員会の皆さまに感謝申し上
げるとともに、さらなる飛躍を願ってやまない。
                  
         (文学研究者)

 報告集はA4判、100ページ、1500円、送料80円。

 

問合わせ・申込み先)
    〒680−0851 鳥取市大杙26 
                                         土井淑平気付
                   尾崎翠フォーラム実行委員会
(TEL/FAX)0857−27−7369
(E−mail) manager@osaki-midori.gr.jp

※E−mailでも受付けます。申込みを受けたら郵便
払込用紙を添えて送ります。