今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

資料

Osaki Midori Forum in Tottori

 

     

     =記者発表資料=

◆ 尾崎翠の書簡の不正流出
        と盗品売買について

 
         2011年7月6日
               尾崎翠フォーラム実行委員会
                       代表 土井淑平


 尾崎翠の書簡が不正に流出し、オークションや古書店で不正
に売買されていることが、 尾崎翠フォーラムにかかわっている
文学研究者たちの指摘で分かりました。文化財である著名作家
の書簡の不正流出による盗品売買は決して許されることではあ
りません。
 尾崎翠フォーラムはフォーラム・ホームページ(http://www.
osaki-midori.gr.jp )
で、 この事実を明らかにするとともに、
7月10日に岩美町で開催される「尾崎翠フォーラム in 鳥取2011
」で特別報告し、不正流出による盗品売買のこれ以上の拡大を
防ぐため、参加された尾崎翠の読者や研究者その他に広く注意
喚起を呼びかけます。

1、文学研究者たちの指摘で最近明らかになった不正流出によ
る盗品売買の書簡は、 ことし3月2日に ヤフーオークションにか
けられた尾崎翠の小林喬樹さん宛て書簡(1966年9月12日付け)
です。この書簡は尾崎翠の甥の小林喬樹さんが、尾崎翠全集
(1979年の創樹社版と1998年の筑摩書房版)の編集者だった稲
垣眞美氏に手渡し、いまだ返却されていないものの1つです。
 (資料1「尾崎翠の書簡流出について」、および、資料2「尾崎翠
の流出書簡を追って ― ヤフーオークション始末記 ― 」を参照)

2、このヤフーオークション における 不正流出による盗品売買
の追及の過程で、わたしたちは小林喬樹さんから稲垣眞美氏に
手渡された書簡が全部で8通 (1964年4月18日付け 書簡から
1969年4月28日付け書簡まで) あることを確認するとともに、そ
の一部が鳥取県立図書館で所蔵されていることも知りました。
 
(資料1の「小林喬樹さん宛て尾崎翠書簡」一覧表を参照)
3、鳥取県立図書館が所蔵する尾崎翠の書簡は、1964年4月18日
付けと1966年7月9日付けの2通で、2006年3月3日に東京の古書店
( けやき書店 ) で購入したものでした。 この2通が小林喬樹さん
の手を離れて不正に流通していたものであることを知った鳥取県
立図書館は、小林さんに2通の書簡の入手の経緯を文書で説明す
るとともに、その扱いについて小林さんの意向をたずねたところ、
小林さんは「図書館という公共の場において保存閲覧するのが妥
当」との考えを示され、 引き続き鳥取県立図書館で所蔵 ・ 保管さ
れるに至ってます。
(資料1の経過説明を参照)
4、小林喬樹さんはかねてよりこれらの書簡の返却を何度も稲垣
眞美氏に求め、ヤフーオークション後もあらためて返却の要請を
されていますが、 はかばかしい返事が返ってきていないと聞いて
います。いうまでもないことですが、 これらの書簡は全集の編集
が終了した時点で所有者である小林喬樹さんに返却されるべきも
ので、それがオークションにかけられたり 古書店で売買されるの
は、明らかに不正流出による盗品売買に相当します。わたしたち
は文化財たる作家の書簡の不正流出による盗品売買は道義的
にも法的にも許されないことと考えており、これら書簡が稲垣眞美
氏から小林喬樹さんに首尾よく返却されるかどうか関心をもって見
守っているところです。
5、その後、 やはり尾崎翠フォーラムにかかわっている文学研究
者たちの指摘で、 東京の古書店で尾崎翠の松下文子宛て書簡が
売りに出ている事実を知り、6月10日以来メールでその古書店に問い
合わせました。その書簡は1965年に尾崎翠が鳥取市湖山の老人ホ
ーム「敬生寮」から松下文子に書き送ったもので、 古書店はその
書簡を東京古書組合の入札会で落札し、すでに顧客に販売済みと
いうことでした。
6、周知のように、松下文子は尾崎翠の親友ですが、1986年に亡
くなっておられ、 松下文子の遺品を引き継いだご遺族に、フォー
ラムより直接問い合わせてみたところ、松下文子の死後にも何度
か遺品の一部を稲垣眞美氏に貸したが(それらは全部返却されて
いる由)、そのなかに書簡はなかったということです。ということは、
さきに東京の古書店で売買された松下文子宛て書簡は、生前に文
子自身が全集編集のために編集者に手渡したものが、やはり返却
されず不正に流通した可能性があることを示唆しています。
7、なお、 関係者から聞いた筑摩書房の内部調査によれば、 筑摩
版の尾崎翠全集の編集に当たっては、すべて資料や書簡は編集者
よりコピーで受け取っており、原本はまったく扱っていないとのことで
す。したがって、少なくとも上記で指摘した書簡類が筑摩書房から流
出したものでないことは間違いないと考えられます。

付記・「尾崎翠フォーラム in 鳥取2011」
    で特別報告

 尾崎翠フォーラム実行委員会は2011年7月6日、鳥取県政記者ク
ラブで「尾崎翠の書簡の不正流出と盗品売買について」、記者発表
しました。
(上記参照)
 その記者発表資料には、本ホームページに掲載済みの
「オークシ
ョンにかけられた尾崎翠の流出書簡」(1)(2)
も添付して、くわしく事
情を説明しています。
 尾崎翠フォーラム実行委員会は7月10日、 鳥取県岩美町で開催し
た第11回「尾崎翠フォーラムin 鳥取2011」で、上記記者発表資料を
当日フォーラム資料に挟み込み、 代表の土井が特別報告として満
席の参加者に注意喚起を呼びかけました。
 誤解なきよう付記しておきます。
鳥取県立図書館発行のブックレッ
ト『尾崎翠』(2011年3月発行、 本ホームページの書籍紹介のコーナ
ー参照) の三「尾崎翠の再評価」(土井淑平)
を一読してもらえれば
分かりますが、わたしたちは二つの尾崎翠全集を編集した稲垣眞美
氏の功績を何ら否定するものではありません。
 むしろ、その功績を評価したうえで、資料の扱いと管理に問題があ
ったのではないか、少なくとも今回のオークションと古書店で売買され
た尾崎翠の小林喬樹さん宛ての3通の書簡は、当の本人がいまなお
返却を請求されている8通の書簡の一部だから、 言い逃れができな
いのではないかと指摘しているのです。
 これらの書簡を全集編集のため小林喬樹さんから預かった稲垣眞
美氏は、このたび不正流出と盗品売買が発覚した3通も含めて、もし
手元にないならその行方を自らの責任で調査し、その調査結果につ
いて説明責任と善後策を講ずる義務と責任があるのではないか、 と
言っているのです。
 最後に一言付け加えるならば、 尾崎翠の書簡を扱う古書店にも注
意を呼びかけたいと思います。たとえば、 鳥取県立図書館所蔵の小
林喬樹さん宛て尾崎翠書簡2通も、 それが不正流出によるものとは
知らず購入したもので、その売買それ自体に法的な瑕疵はなかった
としても、たとえ事後とはいえ道義的な問題は残ります。  このたびの
オークションを通して不正流出の氷山の一角≠ェ明らかになった以
上、 少なくとも尾崎翠の書簡や資料の扱いには気をつけてほしく思い
ます。
                       
 (2011年7月11日、土井淑平)