今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

           
                 山名法道さんの講演抄録

      『
尾崎翠と仏教哲学』
             西法寺住職  山名法道


1、尾崎翠と唯識思想

 尾崎翠は深層心理という点については、いろんな方からその作
品にはそういう深い世界がある、そのあたりが尾崎文学の魅力の
一つである、とよく言われております。普遍的な世界、斬新な世界、
そのことについていろいろな方面から論及されるではないか。
 たとえば、きょう簡単にお話します唯識、それから東大寺は華厳
教学の総本山ですけど華厳教学、そういった仏教哲学の双壁が唯
識であり華厳教学である。今後、いよいよ仏教哲学の非常に困難
なところを乗り越えて研究される方々が出てこられて、尾崎文学の
本当の真価を研究されることを望んでいるところであります。
 私が小学校の時代、尾崎翠はおじさんとかおじいさんとか、そう
いうよな方々の法要の度ごとに、岩井の西法寺(浄土真宗の本願
寺派)に親族の佐々木てるさん(翠の母の妹)とたびたび来られま
した。
 いまから思えば、尾崎翠さんに「あんたの作品には仏教とのつな
がりがあるようだけど・・・」というようなことを聞いてもらっておけば、
私の話もよく分かるんでしょうけど、いまお浄土から「西法寺の院家
(住職のこと)、きょうはお前はまだまだ勉強不足だよ。皆さんの前
に立って話ができるには、あとあんたは11年かかる」と言っておら
れるような気がします。
 この11年というのは、唯識の勉強には11年かかる(という意味
です)。お釈迦様の教理の細かい分析を倶舎と言いますが、その
倶舎論を書いたのは世親というインドの有名な僧侶です。倶舎を
勉強するのに最低8年はかかる、それが分かれば自ずから唯識
は3年で理解できる。唯識を自分のものにするには11年間という
長い期間が必要と言われています。
 いまでも倶舎とか唯識の勉学をしておられる若い方が多くなって
いると聞きます。尾崎翠からのご縁がそういう方向に進んでいただ
ければ、有難いことだなあと思います。

2、唯識思想と第七官界

 資料を見て下さい。六処、六根、六識、五官、第一能変から第三
能変と出てきますが、唯識では人間の心は八識の構造によってい
ると説かれます。第一識から第五識までを前五識と言います。もう
一識、第六識を加えると前六識と言います。
 尾崎作品には臭覚という要素が非常に強く入ってくると言われて
有名です。第一識から第六識まで表層心理と言われ、心の表面に
現われてくるものです。ところが、第七識(未那識=まなしき)、第八
識(阿頼耶識=あらやしき)は深層心理と言って、心の深い所を表
わしている。
 唯識思想では、人間の心を表層心理(第一識から第六識まで)」
と深層心理(第七識と第八識)を、重層の心としてとらえていること
が大変大きな特徴であります。
 『第七官界彷徨』を読みますと、「第七官」というものの定義がそ
こに描かれています。「こんな広々とした霧のかかつた心理界が第
七官の世界といふものではないであらうか」「第七官といふのは、二
つ以上の感覚がかさなつてよびおこすこの哀感ではないか」とか、
さらに「第七官といふのは、いま私の感じてゐるこの心理ではない
であらうか。私は仰向いて空をながめてゐるのに、私の心理は俯
向いて井戸をのぞいてゐる感じなのだ」と。
 この分裂心理について、「二心理は常に抗争する」とし、その二
心理として「第一心理」と「第二心理」を挙げています。それは唯識
の第一識から第六識までの表層心理、第七識と第八識の深層心
理という心の働きに当たります。
 唯識では表層から深層へという心の動きと、それからもう一つ逆
に、阿羅耶識という深層から第一識までの表層へという、そういった
心の動きというか働きがあることが、これまた大きな特徴でありま
す。
 能変というのを挙げています。唯識説では深層の阿羅耶識の第
一能変である種子(経験)が未那識に働き、また未那識の第二能
変が第六識から第一識までの第三能変へ働き、心の表面へと顕
現(現行)すると言います。これは心が深層から表層へと働くことを
意味してい
ます。
 唯識思想は大乗仏教の心理学である、とくに大乗仏教の深層心
理学である、という説明がされますが、この唯識思想は分析心理と
か精神分析の心理についても解いているのではなかろうか、という
見方を者も出てきました。
 最後に、尾崎翠の思想的な背景には2人の人がいます。1人は
兄さんの尾崎哲郎、もう1人は叔父の山名澄水です。尾崎哲郎は
この近くの職人町の養源寺の住職として、尾崎家から山名家に養
子として入っています。その哲郎は唯識についても非常に熱心な研
究家であって、それを華厳教学にまで進めています。それから、山
名澄水は私の祖父に当たり、倶舎とか唯識については『顕真理篇』
という書物を残しております。
 最近、哲郎の論文が発見されました。こういうようなものがまただ
んだんと研究されていけば、また新しい動きが出てくるようにも思わ
れます。
                            
  (記録・土井淑平)

※講演の詳細は『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2006報告集』(12月刊行予
定)に収録します。報告集の問合せと注文は以下まで。

       manager@osaki-midori.gr.jp