今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

              
 
   朗読劇『アップルパイの午後』上演

      辛辣なアイロニーとユーモアを大正ロマンチシズム
      の衣に包んで

 今回初めての試みである朗読劇を地元関係者の演出・出演で上演し
好評を博しました。

 妹(加藤裕美)と兄(塩澤大輔)  友達(引田幹康)と妹(加藤裕美)

 原作は尾崎翠の戯曲『アップルパイの午後』。妹に恋でもして女らしく
なれと押しつけがましく説教する兄を出し抜いて、実は妹が兄の友人と
すでに恋仲の関係にあり、何も知らない兄がさんざん茶化される。近代
日本のジェンダーと家父長制の固定的な観念を批判する、今日のフェ
ミニズム批評の先駆けをなすパロディの小傑作といえます。
 今回の朗読劇は、あの竹久夢二の甘くやるせないメロディーとともに、
いわば大正ロマンチシズムの雰囲気と小道具という衣に包んで、この
作品の辛辣なアイロニーとユーモアを逆に浮き堀りにし、ほろ苦いパロ
ディの効果をむしろあぶり出すものでした。外観に惑わされてはならな
い一例です。
 いかにも竹久夢二はロマンチストだったかも知れません。しかし、か
れは「平民新聞」にさし絵を描くなど、若いころ実は平民社の常連であ
り社会主義青年でした。のみならず、ドイツの表現派やロシアの未来
派などの前衛芸術にいち早く注目した1人だったことは、アナキスト詩
人の秋山清が指摘しているところです。

右から演出の松本健一、出演の塩澤大輔、加藤裕美、引田幹康

 演出は鳥取演劇集団の松本健一さん。出演は兄にNHK鳥取放送局
(現在、福岡放送局)の塩澤大輔さん、妹に演劇グループ「ぽーぶる」の
加藤裕美さん、友達に「劇団あしあと」の引田幹康さん。鳥取県文化振
興財団の村上隆明さんが照明を、また景井洋司さんが音響を担当し
て、朗読劇の雰囲気を盛り立てました。
 この豪華スタッフと演劇の魅力のせいか、朗読劇の直前には数十人
の新たな観客が会場に急きょ詰めかけ、受付の資料が品切れとなり立
ち席が出るほどの異変(?)が起きて、フォーラムのスタッフもうれしい
悲鳴を上げるほどでした。       
                           
 (報告・土井淑平)

※朗読劇の詳細は『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2006報告集』(12月刊行
予定)に収録します。報告集の問合せと注文は以下まで。

      manager@osaki-midori.gr.jp