今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

編集後記

Osaki Midori Forum in Tottori

 

        ◆「日の下に新たならざるものなし」

○・・・異常な猛暑も終わりに近づき、やっと秋の気配を感じる季節とな
りました。これは必ずしも猛暑のせいではなく、わたし(たち)の作業の
進行の遅によるものですが、ことしの第6回『尾崎翠フォーラム・in・鳥
取2006』の記録の抄録を遅ればせにお届けします。このホームページ
による抄録の報告と並行して、より詳しいフォーラム報告集の編集の
作業にも入っています。
○・・・尾崎翠の出生地である岩美町岩井の西法寺の住職・山名法道
さんの「尾崎翠と仏教哲学」は、なにぶん仏教哲学の唯識思想にから
んだ専門的な講和だっただけに、かなり難解との印象を持たれたので
はないでしょうか。だが、今回講演のテープお起しをしながら抄録にま
とめてみると、新たな視点からの翠作品へのアプローチであることが
より身近に実感できたように思われました。つまり、尾崎翠の第七官界
の世界は、彼女が影響を受けたと思われる次兄の尾崎哲郎や叔父の
山名澄水を経由した、唯識思想に関連するとの視点の提示です。
○・・・翠の少女小説の発掘と編集に貢献された沖縄国際大学教授の
黒澤亜里子さんの講演は、<少女>なるものの誕生と発見をその時代
的な背景から説き起こし、同時代の金子みすゞの作品にも関連させな
がら、出郷する少女たちの姿と心理を追い、「こほろぎ嬢」に象徴され
る女書生という生存の様式を取り上げたあと、いたって押しの強くない
詩人たる尾崎翠の作品に秘められた、辛辣な批評精神と強制母性シ
ステムへの違和感を強調するものでした。この講演の準備作業のなか
で黒澤さんが発見し、さきの講演で紹介した全集未収録の尾崎翠の少
女小説「雪の上」は、フォーラムへの大きなプレゼントでもありましたが、
ことしのフォーラム報告集にその全文を掲載しますのでご期待下さい。
○・・・ところで、ことしは浜野佐知監督が新作映画『こほろぎ嬢』を製作
・編集をしている最中の記念すべきフォーラムとあって、その監督ご自
身に登場願い、「新作映画『こほろぎ嬢』を語る」のトークで、さわりのシ
ーンのビデオを上映しながら、自作の紹介をしていただきました。いつ
ものことのように、そのトークからは『こほろぎ嬢』に寄せる監督の想い
と情熱が伝わってきました。監督は『こほろぎ嬢』にとどまらず、早くも
「尾崎翠第3弾」に意欲を見せ、「これは誰にも渡せない。この私の手
でもう一度、尾崎翠作品を映画化する!」との壮大な決意をも語ってい
ます。はやる心を押えて、まずは10月の『こほろぎ嬢』の鳥取先行特
別ロードショーで、この新作映画を観に行きましょう。
○・・・現在編集中のフォーラム報告集では、ことしの講演やトークの記
録に加えて、フォーラムに参加していただいた研究者の方々の貴重な
ご寄稿も掲載する予定です。これらのご寄稿を読んでいただければ、
尾崎翠の研究や資料の発掘がひとときも停止せず、実は新たな発掘
と発見が日々ひそかにに進められていることを、誰しも実感できるので
はないかと思います。ことしのフォーラムでの発掘や発見もそうですが、
「日の下に新たならざるものなし」です。
                        (土井淑平記、9月11日)


            ◆第6回フォーラムに寄せて◆

○・・・尾崎翠フォーラムの今年のプログラムと内容のほぼ全容
を掲載しました。フォーラムは浜野佐知監督の『第七官界彷徨
―尾崎翠を探して』の製作・上映をきっかけに立ち上げたもの
ですが、その浜野監督が尾崎翠第2作『こほろぎ嬢』の製作に
取り組む最中に、今年のフォーラムを開催するのも喜ばしく奇
しき縁と言わざるを得ません。
○・・・今年のメインゲストは沖縄国際大学教授の黒澤亜里子さ
んで、「尾崎翠と少女たちの時空」というタイトルで講演していた
だきます。黒澤さんは筑摩書房版『定本 尾崎翠全集』(下巻)で
尾崎翠の少女小説の編集・解説を担当し、「第七官界彷徨」の
原型的なモチーフを少女小説の一篇に見出すなど、その他の
翠論考も含めて数々の貴重な考察を示しておられるだけに、い
まから講演への期待が膨らみます。
○・・・もう一つの講演は尾崎翠のいとこの子に当たる西法寺住
職の山名法道さんの「尾崎翠と仏教哲学」です。西法寺は尾崎
翠の出生地に当たり、明治4年建立の本堂の大修復工事が昨
年終わって、翠生誕の一室が復元されたばかり。この身近なご
親族の僧職から、第七官界は仏教哲学の根本教義の唯識思
想に由来する、との持論をうかがう得難い機会です。
○・・・「アップルパイの午後」はパロディの手法で、いわゆる女
らしさというジェンダーの神話と家父長制をからかい、フェミニ
ズム批評の先駆けをなした尾崎翠の傑作の戯曲です。これを
鳥取演劇集団の松本健一さんの演出とト書、NHK鳥取放送局
のアナウンサー塩澤大輔さん、劇団「ぽーぶる」の加藤裕美さ
ん、鳥取大生の引田幹康さんの出演で上演します。フォーラム
の新しい試みとして注目して下さい。
○・・・さて、浜野監督の新作映画『こほろぎ嬢』は、かねてから
監督が映画化の情熱を密かに燃やしていた作品であり、シナ
リオを担当するのが尾崎翠の卓越した読み手である山崎邦紀
さんだけに、2人の情熱と技量をかけた作品になるだろうと期
待せざるを得ません。当時もいまも先端をいく尾崎翠の作品
が、翠自身の熱愛した映画という媒体によってどのように表
現されるか楽しみです。
                    (3月30日、土井淑平記)