今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

                     第6回
          尾崎翠フォーラム in 鳥取2006

     〔日 時〕7月8日(土)13:30〜17:00講演・朗読劇他
        7月9日(日)  9:00〜14:00文学散歩ツアー
     〔場 所〕鳥取県立県民文化会館(第1会議室) ほか


          ◆尾崎翠文学散歩ツアー  


 ◇日  時   
2006年7月9日(日)

 ◇集合場所   JR鳥取駅南口バス発着場(読売旅前)

 ◇集合時間    午前8時45分

 ◇出  発   午前9時

 ◇行  程

  JR鳥取駅南口(発)〜養源寺(墓所)〜鳥取高女
 (鳥取西高)
〜面影小学校〜大杙住居跡

     ―国道9号を岩美町へ―

  岩井温泉〜旧岩井小学校校舎〜尾崎翠資料館〜西法寺
  (出生地)

     ―昼食・休憩(西法寺にて)―

  浦富海岸(城原、鴨ヶ磯)〜網代漁港(西法寺僧堂)
   〜旧大岩小学校跡〜鳥取砂丘(大すりばち、有島武郎
   歌碑)〜
JR鳥取駅南口着(午後2時)

 ◇参 費   2,000円(昼食弁当代を含む)

 ◇そ 他   バス定員の関係で、ご予約を早めにお
                願いします。

 ※ 参加費は当日でけっこうです。

           
         
尾崎翠の足跡を訪ねて

                           岩谷東亜

 尾崎翠は不思議な魅力を持つ作家です。その文学は192030年代
の日本近代文学の前衛性と尾崎翠を育てた山陰地方という風土の
中から生まれました。
 恒例になりました「尾崎翠文学散歩ツアー 2006」を翠の菩提寺、
養源寺から始めましょう。養源寺は翠の次兄・哲郎が養子に入った
お寺で、ここに翠の墓所があります。ここでは、彼女の生涯が大き
く2つにわかれていること、すなわち、小説家として苦闘した前半
生(
35歳まで)と、生活者として生きた後半生(74歳まで)が、謎と
してとらえられます。
 次にバスは、彼女の初期の文章表現を育てた鳥取高女跡(現・鳥
取西高)を通り、小学校時代を過ごした面影小学校、大杙住居跡を
巡ります。

 
   養源寺の尾崎翠墓所
    (鳥取市職人町)
 面影小学校の尾崎翠文学碑
    (鳥取市雲山)

 ここからバスは鳥取市をぬけ、国道29号線を通って約30q離れた
岩美町の岩井温泉へ向かいます。 岩美町は山陰海岸国立公園のリア
ス式の海岸美と古くから有名な岩井温泉で知られた町です。岩井温
泉には母まさの実家・西法寺があり、尾崎翠はここの「後堂」で生
まれ、幼い頃を過ごしています。また、西法寺は尾崎翠の文壇デビ
ュー作『無風帯から』の舞台となったお寺です。この西法寺で山名
法道住職のお話を聞き、ゆっくり昼食と休憩をとります。

 岩井温泉のゆかむりギャラリー
       (岩美町岩井)
     翠出生地の西法寺
      (岩美町岩井)

 昼食後は風光明媚な山陰海岸国立公園(浦富海岸<城原><鴨ヶ
磯>)に行きます。城原海岸は浜野監督の尾崎翠の映画化第2作
『こほろぎ嬢』の撮影現場の一つでもあります。
 尾崎翠の文学にあらわれる日本海の海、松林、風、波、太陽を体
験してみて下さい。海岸沿いの道を行くと網代漁港へ着きます。こ
の漁村の高台に尾崎翠が代用教員時代に下宿した西法寺分院の僧
堂があり、眼下に網代港、遠くに鳥取砂丘が見えます。
 翠はここから大岩小学校へ代用教員として通っていました。浦富
海岸や網代のこの辺りのことは、初期・中期の短篇に多く描かれて
います。「初恋」という作品には、浦富の盆踊りの習俗がもとにな
っています。
 次にバスは駟馳山峠を越えて鳥取砂丘へ行きます。鳥取砂丘の雄大
な眺めは日本一で、シルクロードのタクラマカン砂漠をしのばせま
す。

  
   風光明媚な浦富海岸 
  
尾崎翠を育んだ母なる海 
     雄大な鳥取砂丘
   
『こほろぎ嬢』の撮影風景

 ここでは、浜野佐知監督の『こほろぎ嬢』の撮影現場を見ること
ができます。
 鳥取砂丘には多くの文人、作家が訪れており、特に鳥取砂丘の存
在を広く日本に知らせたのは有島武郎でした。その死の年に詠んだ
歌の歌碑が砂丘の松林の中にあり、与謝野晶子が彼の死を悼み、滂
沱の涙を流した歌碑も近くにあります。
 鳥取砂丘を出ると、一路、鳥取市街地へ下り、久松山下の城下町
鳥取を車窓に眺めながら、
JR
鳥取駅南口に到着します。

なお、鳥取砂丘でしばらく楽しまれる方はここから自由行動を取
っていただいてもけっこうです。鳥取砂丘からJR鳥取駅まではバス
便もあります。
               
(尾崎翠フォーラム実行委員)

 

(問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
    (TEL・FAX)0857−27−7369
    (Eメール) manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月初めにできます。メールで参加申込みを される方は、4月1日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレス を明記のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返 しチケット・郵便払込み用紙・資料をお届けします。