今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

 

                            =講演=

                       佐々木孝文

        ◆『尾崎翠と鳥取人脈』◆

   ◇ 日 時 = 2005年7月9日(土)15:00〜
  ◇ 場 所 = 鳥取県立県民文化会館(第1会議室)


    たくさんの兄たちに囲まれた妹

                          土井淑平

 少なからぬ人が指摘しているように、尾崎翠の作品は都市のモダニズムと郷里のローカリティがないまぜにされた織物のような感を呈している。ひとつだけ例を挙げれば、「第七官界彷徨」の背景をなす小道具にしても、マドロスパイプ・ボヘミアンネクタイ・へアイロンのような都会風のものと蘇・人糞・土鍋・蜜柑といった田舎風のもののミックスである。
 つい最近も、文芸評論家の川崎賢子さんが「尾崎翠研究の現状と展望―研究ノート」(『文学』2005年11・12月号)で、尾崎翠の仕事はモダニズムの意匠にノスタルジアがしみわたる心象風景を特徴としているとして、彼女の文学活動を首都(東京)と郷里(鳥取)の二極の往還と彷徨の過程において考察すべきだ、と示唆したばかりだ。
 この点では、さきに見たような作品の背景や小道具にとどまらず、東京で活躍していた鳥取出身の同郷人グループもまたローカリティにつながるものであり、尾崎翠の文学活動において東京と地方をつなぐ媒介者だったといえよう。この同郷人グループは地方出身者にとって、大衆(マス)化した大都会のなかにつくられた神島二郎のいう「第二のイエ」もしくは「第二のムラ」を意味したのである。
 歴史社会学研究者の佐々木孝文さんは、研究ノート「「永遠の妹」と「九百人のお兄さん」―大正・昭和の鳥取文壇と尾崎翠」(『ファイ』臨時増刊号、2001年6月)で、尾崎翠の上京や文学活動の背後に生田春月や橋浦泰雄といった同郷人グループがあったことに着目し、「第七官界彷徨」に登場する「単身者の集合体」の「変な家庭」を「同郷人グループ」の「仮構された家族」のメタファーであり、翠自身が「たくさんの兄たちに囲まれた妹」の役割を選び、作品の町子もまたはそれを造形しているのではないかとする。
 これは卓抜な観点だと思う。これをさらに発展させた研究が望まれるところだ。さいわい、佐々木さん自身が今年の講演「尾崎翠と鳥取人脈」で、その後の研究成果をまとめて発表する。非常に興味深い講演になると期待が膨らむが、鳥取市歴史博物館学芸員と鳥取市教育委員会文化財専門員の多忙な兼務のなか、以下のメッセージを寄せていただいたのでそのまま掲載させてもらう。

   ちいさな壁の中と外 〜尾崎翠と鳥取人脈〜

                        佐々木孝文

 尾崎翠の作品、厳密に言うと作品に用いられている言説は、戦略性に富むと同時に直感的であり触覚的である。機械的であると同時に生物的である。差異を内包しつつ、矛盾せずに(あるいは矛盾しあいながらも)融合し、どこにもない世界を現出させている。
 この世界を語る上では、作品の内部へダイブしてゆく作品論とともに、作品の外部、作家の外部へと飛び出してゆく歴史社会学の視点が欠かせない。
 作家・尾崎翠をとりまいていた大正デモクラシー期の社会。それは「第七官界彷徨」に描かれた「変な家庭」と相似形をなすかのような、鳥取出身の「兄たち」の世界であった。
 橋浦泰雄、生田長江、生田春月、白井喬二、中村武羅夫、涌島義博・・・・。
 それは、地域出身の文化人たちが、それぞれに渋い輝きを放っていた時代の出来事である。今回の講演では、この「鳥取人脈」と、彼らが構成要素となっていた文壇社会の中で、尾崎翠の立ち位置を確認したいと思う。再び作品の内部に飛び込むエネルギーが得られる高さまで、翠の外側に飛び出すことができれば良いのだが。

●佐々木孝文さんの主要論文・企画立案・調査事業

(主要論文)研究ノート「「永遠の妹」と「九百人のお兄さん」 ― 大正・昭和の鳥取文壇と尾崎翠」(『ファイ』臨時増刊号、2001年6月)、「「性差」からみる近世社会の一局面 ― 前期怪異小説の「うわなりうち幽霊説話」を素材として ― 」(『文化史学』51号、1995年)、「地域への視線・地域からの視線 ― 地誌編纂と世界認識 ― 」(平成14年度鳥取市歴史博物館特別展覧会図録、2002年)、『鳥取地域史研究』等の研究ノート類など。

(企画立案)鳥取市歴史博物館の平成12年度秋季企画展覧会「城下町鳥取」、平成14年度秋季特別展覧会「江戸時代、『諸国』繚乱」、平成15年度春季企画展覧会「城下町とっとり まちづくりのあゆみ ― 都市をめぐる冒険 ― 」など。鳥取市では史跡鳥取城跡附太閤ケ平保存整備基本計画策定と同保存修理工事を担当。

(調査事業)「叡山文庫資料調査」(叡山文庫)、「歴史の道・朝鮮人街道調査」(滋賀県)などに調査員として参加。