今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

 

  ◆翠作品朗読/交流パーティ/文学散歩ツアー/ほか◆
 

               尾崎翠作品朗読

 『尾崎翠フォーラム・in・鳥取2005』は、地元鳥取の朗読サークル「ひまわりの会」の代表・杣和代さんによる翠作品「初恋」の朗読で始まりました。
 翠の初期作品の世界がさわやかな朗読によって、こころに染み込んでくるような印象的なひとときでした。

        尾崎翠の『初恋』を朗読する杣和代さん

        ゲストを囲む交流パーティ
           

 第1日目の7月9日(土)夕、プログラム終了のあと県民文化会館内のグリーンハウスで、恒例の交流パーティが開かれました。
 ゲストや親族の皆様を囲み、遠くから参加した研究者や翠読者も交えて、飲み放題ビールとバイキング料理をつつきながらの歓談。
 今年も尾崎翠の甥の松本敏行さんの乾杯の音頭で始まり、翠の出生地である西法寺住職の山名法道さんの締めの乾杯で打ち上げとなりました。

親族の松本敏行さん(中)を囲んで、挨拶する澤登翠さん(右)と川崎兼子さん(左) 浜野佐知監督(右から2人目)と本城美佐子さん(右端)を囲んで歓談する映画組
第2回のゲスト、石原深予さん(左から3人目)や森澤夕子さん(右から3人目)などなじみの顔も 締めの挨拶をする西法寺の住職・山名法道さん(左端)、ゲストの佐々木孝文さん(右端)

 

        尾崎翠文学散歩ツアー
      

 第2日目の7月10日(日)午前9時より恒例の翠文学散歩ツアー。JR鳥取駅南を出発して鳥取市と岩美町の尾崎翠ゆかりの地を巡る旅へ。
 鳥取市職人町にある翠の菩提寺の養源寺では、翠の甥に当たる山名敏雄住職が墓前で読経を上げ、叔母の印象を「男っぽい人だった」と話しました。
 岩美町岩井にある翠の出生地の西法寺では、やはり親族の山名法道住職が改装なった本堂に案内し、翠の『第七官界彷徨』への佛教哲学の影響について自説を述べました。
 西法寺で休憩・昼食ののち、風光明媚な山陰海岸を眺めながら帰途へ。翠ゆかりの地を総巡りする凝縮された4時間のツアーでした。 

 
鳥取市の養源寺にある尾崎翠の墓所で、山名敏雄住職を囲んで記念撮影 尾崎翠が生まれた岩美町の西法
寺で、改装なった本堂に案内され、山名法道住職から話を聞く
岩美町岩井の尾崎翠資料館・ゆかむりギャラリー前で 風光明媚な浦富海岸の展望台から日本海を望む

       会場の受付風景

 会場の県民文化会館の受付では、尾崎翠やゲストの作品など書籍販売のコーナーも設けられ、ゲストのサイン会も。
 おなじみの浜野佐知監督の『女が映画を作るとき』は、2日間で持ち込んだ冊数を完売するという人気でした。

尾崎翠フォーラムの会場受付け風景   受付け前の書籍販売コーナーは大にぎわい