今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

 

               尾崎翠フォーラム in 鳥取 2005

       ◆尾崎翠文学散歩ツアー◆

                  ご案内
 

 

 ◇日    時  2005年7月10日(日)
 ◇集合場所  
JR鳥取駅南口バス発着場
                 (読売旅行前)

 ◇集合・点呼 
午前8時45分    
 ◇出    発  
午前9時00分
 ◇行    程

  JR鳥取駅南口(発)〜養源寺(墓所)〜鳥取高女(鳥取西
  高)〜面影小学校〜大杙住居跡〜

            ―国道9号を岩美町へ―
  岩井温泉〜旧岩井小学校校舎〜尾崎翠資料館〜西法寺
 (出生地)

            ―昼食・休憩(西法寺にて)―
  山陰海岸〜網代漁港(下宿跡)〜鳥取砂丘〜県民文化会
  館〜JR鳥取駅南口着(午後1時着)

 ◇料   金  2,000円(弁当代含む)

 

 

 尾崎翠の足跡をたどるフォーラム恒例の「文学散歩ツアー」も5
回目を迎えます。
 恒例により、JR鳥取駅南口を出発、まず翠の菩提寺の養源寺を
訪ねます。養源寺は翠の次兄・哲郎が養子に入ったお寺で、ここに
は翠の墓所もあります。
 このあと、翠が通った鳥取高女(現・鳥取西高)、面影小学校、少
女時代を過ごした大杙住居跡を回って、岩井温泉に向かいます。

          翠の菩提寺・養源寺

 岩井温泉は尾崎翠の生誕の地であり、ここでは温泉の雰囲気
をたっぷり味わっていただきます。 翠の文壇デビュー作品「無風
帯から」の舞台となったのも、この岩井温泉です。
 岩井は岩美町内でも最も古くから栄え、温泉も1300年前に開発
された山陰最古級のものす。効能に秀でた泉質と優良な環境によ
り、環境省指定の「国民保養温泉地」でもあります。
 岩井温泉では、翠の父が勤務した和洋折衷の旧岩井小学校の
校舎、尾崎翠資料館(ゆかむりギャラリー)を見学して、西法寺を
訪れます。

        古くから栄えた岩井温泉

 西法寺は翠の母まさの実家であり、翠生誕の地でもあります。
この西法寺は慶長5年(1610)岩井より上手の銀山にて開基され
ました。
 寛文8年 (1668)岩井に移り、明治4年(1871)現在地に再び移
転しました。爾来130余年の風雪に耐え抜いてきた本堂ですが、
このたび修復の作業を進めています。
 ツアー参加者にとっては修復後の本堂初公開となりますが、翠
が生まれた部屋の場所には1室が設けられています。この西法寺
で山名法道住職の話を聴き、ゆっくり昼食と休憩を取ります。

          翠の生誕地・西法寺

 昼食後は、風光明媚な山陰海岸国立公園浦富海岸と鳥取砂丘
の景勝地を巡りながら帰路に着きます。
 山陰海岸の海と風と岩と砂の織りなす海岸線の妙は、きっとあな
た心に深く銘記されることでしょう。
 その帰路のコースのなかには、翠が代用教員時代に下宿してい
た網代の僧堂も含まれ、往時がしのばれます。

           風光明媚な浦富海岸

 優れた文学と歴史と自然とにあふれた、ぜいたくな小旅行です。
ぜひ御参加ください。
 なお、ガイドはボランティアの「いわみガイドクラブ」にお願いする
予定です。

※ バスに定員がありますのでお早めにお申し込みを!

〔申込み先〕尾崎翠フォーラム実行委員会
      〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平方
        (電話・FAX) 0857−27−7369
        (Eメール) 
 manager@osaki-midori.gr.jp