今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

今年のフォーラム

Osaki Midori Forum in Tottori

                     第7回
         尾崎翠フォーラム in 鳥取2007

    〔日 時〕7月7日(土)13:30〜17:00 講演・映画
           7月8日(日)  9:00〜15:00 『こほろぎ嬢』ロケ地巡り
  〔場 所〕鳥取県立県民文化会館(第1会議室) ほか


      映画『サロメ』上映
 
     翠が愛したナジモヴァ そして『サロメ』
   澤登翠さんの活弁で84年ぶり本邦初再上映

                             長 谷 善 幸

 ご存知のように、翠は「映画漫想(三)」で「ナジモヴァはシャンデリア
だ。いま、蛍どもの多い今日、消えてしまったナジモヴァに寄せる想い
は、大がかりな、凝りに凝ったシャンデリアへの渇仰なのだ」とアラ・ナ
ジモヴァ(1879〜1945年)を絶賛しています。そして、彼女が主演した
映画の中でも特に優れたものとして『椿姫』と『サロメ』を挙げています。
 一昨年のフォーラムでは『椿姫』(1921年)を上映しましたが、今年
いよいよ『サロメ』(1923年)。翠が愛したナジモヴァ2部作(?)の完結
ということになります。

 実はこの『サロメ』、現在日本では観ることができない幻の名画です。
実行委員会では、是非上映したいとマツダ映画社に特注。同社が探し
に探して、やっと外国からDVDを取り寄せて今回の上映にこぎ付けた
もの。日本における封切りは1923年11月16日、目黒キネマと言われて
いま
すから、何と84年ぶりの本邦初再上映となります。
 『サロメ』の原作は、オスカー・ワイルド(1854〜1900年)の著名な戯
『サロメ』(1891年)。当時イギリスでは、同性愛はスキャンダラスなだけ
でなく、犯罪でした。しかし、王の宴席で踊った褒美に預言者ヨカナン
の首を求め、その首に口づけしたユダヤの王女サロメの物語は、象徴
主義やデカダンスを表しているだけではなく、社会の抑圧を受けていた
ホモセクシュアル/ゲイ・カルチャーをも捕まえた作品として高く評価さ
れたといいます。
 ところで、ナジモヴァと言えば、2004年のフォーラムにおけるリヴィ
ア・モネ教授(カナダ・モントリオール大学)の講演「サロメという故郷」が
思い出されます。
 「翠のナジモヴァの映画、特に『サロメ』と『椿姫』への謳歌と高い評価
は、明らかに二重のオマージュである。翠の情熱と愛は、ナジモヴァの
演技だけでなく、彼女が蘇らせた20世紀初頭の『サロマニア』、ある
は女性中心の『サロメ伝統』へも向けられているように思える。」と持論
を展開。翠とフェミニズム、セクシュアリティとの関係に新たな驚きを覚
えました。

 翠が絶賛していたナジモヴァの『サロメ』。弁士は、ご自身が翠の大フ
ァンであり、フォーラムでもお馴染みの澤登翠さん。上映に先立ち「『サ
ロメ』の魅力」と題した澤登さんの講演もあります。ナジモヴァのお話や
『サロメ』のエピソードなど巧みな弁士的話術(!)が今からとても楽しみ
です。どうか皆さん、この機会にお見逃しなく。
                                               (尾崎翠フォーラム実行委員)


(問い合せ・参加申込み先)

  尾崎翠フォーラム実行委員会
    〒680−0851 鳥取市大杙26 土井淑平気付
    (TEL・FAX)0857−27−7369
    (Eメール) manager@osaki-midori.gr.jp

 チラシ・チケットは4月10日すぎにできます。メールで参加申込みを 
される方は、4月10日以降、氏名・住所・電話番号・メールアドレス を
明記のうえ、上記のEメール・アドレスに連絡して下さい。折り返 しチケ
ット・郵便払込み用紙・資料をお届けします。