今年のフォーラム
  
津原泰水講演抄録new!
 KEiKO・萬桂講演抄録new!
 
いわみコーラス&牧ダニはねそ踊りnew!
 新しい世界に飛び立った尾崎翠new!
 尾崎翠と安部公房new!
 
尾崎翠&ジオパーク・ツアーnew!
 ゲストを囲んで懇親会new!

   
プログラム
    翠文学&浦富海岸ジオツアー案内
 ゲスト・プロフィル
  
津原泰水の新発見
 
津原泰水の講演
 KEiKO・萬桂の講演
 
いわみコーラス
 
牧谷のはねそ踊りn
 
賛助会員募
 
宿舎案内

過去のフォーラム
  
2010年報告記
 
  2009年報告記
 
 2008年報告記
  
2007年報告記
     2006年報告記
     2005年報告記
  2004年報告記
  2003年報告記
  2002年報告記
     2001年報告記

映画
書籍紹介   『こほろぎ嬢』
  『第七官界彷徨』

資料
 稲垣眞美代理人の請求書と回答書)new!
 尾崎翠書簡の不正流出問題(記者発表資料)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その1)new!
 オークションにかけられた尾崎翠の流出書簡(その2)new!
 尾崎翠の新発見資料を公開展示
 尾崎翠の新資料
 尾崎翠書簡

書籍紹介
『尾崎翠フォーラム報告集2011』書評new! 
『尾崎翠フォーラム報告集2011』案内new! 
『尾崎翠』(県立図書館ブックレット)new!
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』書評
 
『尾崎翠フォーラム報告集2010』案内
 『琉璃玉の耳輪』(津原泰水)書評
 『尾崎翠』(川崎賢子)
 
『尾崎翠フォーラム報告集』バックナンバー
 尾崎翠関連書籍

関連情報
 
NHK尾崎翠朗読シアターnew!
 
KEiKO・萬桂「第七官界彷徨」挿絵原画展
 
「第七官界彷徨」復刻連載に寄せて
 
『日本海新聞』に「第七官界彷徨」復刻連載
 尾崎翠関連情報

  リンク集

  編集後記new! 

 

 

過去のフォーラム 2001

Osaki Midori Forum in Tottori

 

◆吉岡しげ美コンサートとトークショー◆

 

◇コンサート

想いあふれて女のことばを歌う
吉岡しげ美さん

      曲・ピアノ・歌:吉岡しげ美 

      シンセサイザー:吉川清之

                           

 @「わたしを束ねないで」(詩・新川和江)

 A「わたしが一番きれいだったとき」(詩・茨木のり子) 

 B「みだれ髪」より(短歌・与謝野晶子)

 C「君死にたまふことなかれ」(詩・与謝野晶子)

      〜トークをはさんで〜

 @「星とたんぽぽ」(詩・金子みすず)

 A「大漁」(詩・金子みすず)

 B「積った雪」(詩・金子みすず)

 C「こころ」(詩・金子みすず)

 D「私と小鳥と鈴と」(詩・金子みすず)

 E「思い出を…」(詩・尾崎翠)

◇トークショー

吉岡しげ美さん・浜野佐知さん・松本侑壬子さんによる
トークショー

  吉岡しげ美/浜野佐知/松本侑壬子より(抜粋)

(吉岡)私が『第七官界彷徨』の音楽を担当させてもらったのは、ここにいらっしゃる松本侑壬子さんです。松本さんは共同通信の新聞記者をなさっていまして、浜野監督が『第七官界彷徨』をとるきっかけになった方で、そのあたりをいろいろ話していただきたい。

(松本)私は映画と女性問題をライフワークとして、『映画をつくった女たち』という世界の女性監督一六〇人余りを集めた本を書きました。その頃、女の裸ばかり撮っているケシカラン女の監督がいる、と浜野監督を紹介された。私はその話を聞いたときムッときまして、素朴な怒りと好奇心で監督に会いにいったところ、ミイラ取りがミイラになって、浜野さんの魅力にとりこにされました。

 尾崎翠の本が出まして、一九九六年に監督の家に遊びに行ってごちそうになったとき、浜野さんが「私は死ぬまでに一本撮りたい映画がある。ピンク映画じゃない映画で」と言われた。「何?」て言ったら、「誰も知らない作家の」って言うんで、「誰?」…「田舎の」…「誰々?」…「尾崎翠、誰も知らない」とあわてて言うんで、私が「ナヌッ!」と。「あんた、そんなことをおっしゃるけど、尾崎翠は私の県の人だわよ」と言ったところから、この映画が始まりまして、ビーンと背中をたたいて「つくってよ」と言ったのが、もともと始まりなんですね。

(松本)監督と音楽監督との間には、たとえばこういうイメージにしろとか、ここで入れてくれとか、けっこう事細かに音の指示はあるんですか。それとも、しげ美さんの独断で?

私、タイミングもいいと思うんですよね。

(吉岡)ここの場所にというのはあったんだけど、音楽のイメージは『第七官界』に関してはあんまり監督からはない。すごい自由だったですね。

(浜野)私は音楽のプロではないし、たとえばこのシーンのこの彼女のこの表情から入れたい、みたいなことを音楽監督に伝えて、音楽の発想というか感性で曲をつくってもらう。まあ、映画の監督はいいところ取りのあれで、皆さんの一番の才能を集めてもらってやる、というようなことですけれども。

(吉岡)タイミングというか、音楽の入れ場ですよね。そのおかげでつくったものは、より輝いたような気が私しているんですよ。「おもかげ」という歌ですと、いつの間にか入ったんですよね。

(浜野)一番の問題は、『第七官界彷徨』の小説世界の絵と色と音がかもし出す哀感を、第七官界の入口として私は表現したかったので、音というと音楽はものすごい大事なポジションだったわけです。しげ美さんに出会って、即決というのか、この人の稀な透明感のある曲があればぴったり合うであろう、という風に思ってしげ美さんにお願いしたわけです。

 海外ではどこでへ行っても、岩美町・鳥取県の風景と共に、音楽が美しいと言われます。

だから、私たちもこの映画をやっていくときは、必ず音響の確認をして、しげ美さんの音楽が一番効果の出るような状況で、映画を上映しているんです。

(松本)感動の締めくくりというと、やっぱり最後の鳥取砂丘の空撮のところですよね。あれは本当にもう歴史に残るというか、記憶に残るというかねえ。私も東京から二回ロケで見にいったんですけど、最後の場面は涙なしには語れないね。金のないところをいかにして撮ったかという感動と、地元の協力、角本先生を中心とした支援体制がすごくて、私、本当に涙が出ましたですね。

 鳥取には映画撮影のヘリコプターがないんです。それで海を越えて四国の高松空港からヘリが空撮用に来るんです。それで一分間一万円ですよ。高松空港から海を越えてくる間中、とっとっと捨てられてですよ。それで財布の中には一〇〇万円もないんですよ。最初の打ち合わせでは、高松からきたのが一回トライフライトして、二回で撮って帰っていく。そうすると何秒になるかという、何秒の世界ですから。

 その約束で白石さんたちの豆粒のような女性作家グループが稜線の上にいるわけ。われわれ写ちゃちゃいけないので松林の陰で見ていると、やがてバタ、バタ、バタ、バタ、バタって、遠くの方から赤トンボみたいのが飛来して、一回まわる。一回はトライ、二回目で女優さんたちが話ながらピョンと飛び上がってパチン。やれやれと思ったらまたきて、同じことを五回くらい繰り返した。金のためには一回でやらなきゃいけないんだけど、浜野監督はいやーもう一回、いやーもう一回というのでね。たぶん金のことも忘れて、納得のいくよう、ちょっとでもいい画面がほしかったんだろうと思った。それにちゃんと女優さんたちが答えて、約束と違うのにその通りされているのを茂みの中から見ながら、本当に涙が出てきました。

(吉岡)最後に何か言い残すことはありませんか。

(松本)鳥取の人たちの連帯というんですか。こういう素晴らしいことができて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

(浜野)同じです。あとはフォーラムの一環ではなくて、皆さんで吉岡さんを呼んでいただいて、じっくり聴いていただけると、いいかなと思います。本当に素晴らしい歌をいっぱい持ってますし、彼女が歌うことによって、二〇世紀を生きてきた日本の尾崎翠もそうですけど、女性たちの先を歩いた人たちがよみがえってくるような気がしますので。